「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。生き物好きなので生物だけはよかった。移動時に図鑑を読む。

図鑑と毎日の虫とりが功を奏した。 「このつらい日々がいつかきっと役に立つ!」と信じて、小さい頃は毎日「虫取り」に勤しんでおりました。 生き物好きの息子は、受験の際の「生物」は大得意でした。 まったく勉強しなくても、ずっと本物を見てるし、図鑑も…

「中学受験」。文章を書く。小さい頃に嫌いにさせない。

「花まる」では作文コンクールがあった。 年長から通っていた「花まる学習会」では、毎回「作文」を書いていた。 お陰で息子は小さい頃から「文章を書く」と言う事には慣れていた。 子どもが「感じた事」をそのまま文字、文章にしてみる。 それだけで、花ま…

「中学受験」。勉強計画をたてる。そろそろ過去問も始まる。

息子と同じタイプの私が計画なんて立てられる訳がなかった・・・ 年間計画、月間、週間計画を立てる。 diamond.jp 先生たちから「お母さんは口を出すな。」と言われたのを言い訳にして、「塾」任せでほったらかしにしていた。 さすがに12月からは、無料の…

「中学受験」。途中でやめる人もいる。

自分も困っているので、毎日いろんな記事を読んでみる。 「大学入試改革」の中身が全然決まらない中、付属校の人気がどんどん上がる。 「中学受験」をする子の数もどんどん増えている。 president.jp 同級生でも、5年生、6年生の途中まで「塾」に通い、「…

「中学受験」。親はどこまでかかわるのか? 私は「ちょうどいい距離」を取れなかった。

結局、その親子関係次第。 私は息子が6年生の1年間「もっと関わってくればよかった・・・」と後悔していたが、私が口を出すと「ケンカ」になる事は目に見えていたし、「塾」の先生がおっしゃった「本人のやる気をそぐ」というのは正しいのだろう。 今も「…

やっと「花まる」の高濱先生と「探究学舎」の宝槻さんの対談の配信を見た。

こんな面白い2人は「生」で見たかった~・・・ 「高濱サロン」で配信されていた「花まる学習会」の高濱先生と、「探究学舎」の宝槻さんの対談をみた。 「これ何で参加できなかったの?」と思ったら、「探究学舎」の方が参加できる講演会だった。 「探究学舎…

「中学受験」。たくさんの情報が溢れている。

正解も不正解も、何を選ぶ、どれを選ぶかも親が決めなきゃならない。 もっと私が勉強しておけばよかった。 テレビで佐藤ママを見た時に、「恋愛は無駄」とか、「お手伝いはしなくていい」というの聞き、とても受け入れられなかった。 あまりにも「花まる」の…

「中学受験」。偏差値ではない学校選び。

せっかく入学しても付いて行けず、学校が楽しくなければ意味がない。 honsuki.jp 親子とも考えが甘すぎた「中学受験」。 今、私立中学に入って、苦労を強いられている。 どこでも気にせずやって行ける息子は「不登校」にはならなさそうだが、入学してから学…

「中学受験」。学校選びとスマホはどうなの?

他にもいい学校がたくさんありそう。 息子が4年生の終わりごろには既に「芝」に行きたい!と決めていたので、息子が他の学校に行く姿も想像できなかった。 第一志望に行くと信じていたので、学校選びにも真剣味が足りなかった。 「栄光」ももちろん行きたか…

「中学受験」。やっぱり「公立中高一貫校」は魅力的だ。その2。

1年前に戻って学校選びをやり直したい! 都内にたくさんある「公立中高一貫校」。 私は「遠いから・・・なるべく近くで済ませいたい・・・」と、全部の学校は見てこなかった。 「子育てシンポジウム」の配信動画を見て後悔した。 今思うのは、「もっとたく…