「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。御茶ノ水カレッジ「お母さんのための教養講座」。「本郷中学」木村友彦先生の現代文と入試問題。

入試問題を作っていらっしゃる先生のお話。 edupla20191210.peatix.com 「本郷」の教頭先生でもいらっしゃる、木村友彦先生の講演会に行った。 テーマが「入試問題」という事で気になった。 ↓ 「花まる」ファンなので、国語教材はこちらがオススメ。 小学校…

「中学受験」。時事問題。押さえておこう。

通塾の電車の中で読む。親子で話し合う。 edua.asahi.com edua.asahi.com ↓ サピのサイトはさすが。 じじもん Scrum(スクラム):中学入試の時事問題学習サイト 2020年中学入試用サピックス重大ニュース―中学入試に出る 2019ニュース解説(小学5・6年 作者: …

「中学受験」。都私立通学校の入試日程・定員・偏差値。

千葉の第一志望入試が終わった。 倍率の高さに驚かされる。 headlines.yahoo.co.jp resemom.jp 入試日程はこちら。 いよいよ本格的にスケジュールを決めていく。 ↓ 女子編。 resemom.jp ↓ 男子編。 resemom.jp ↓ 日程ごとの偏差値。 resemom.jp 実際は、偏差…

「中学受験」。お試し受験の話。どんな子でも緊張する。

「中学受験」本番の恐ろしさ。 うちの息子は緊張しないタイプだ。 模試だって平気で忘れ物もするし、前の日から準備なんて事もない。 「鉛筆を持たずに試験へ」なんて事もある。←誰かに借りればいいと思っている。 1月の「受験」だって特に緊張する事もなく…

「中学受験」。スマホ持ち込み受験の「東京女子学園中学」。適性検査型も増えた。

「入試問題」も変わったな~。 www.itmedia.co.jp 「東京女子学園」の「中学受験」入試問題は、「スマホ持ち込みあり」だそうだ。 女子校はよくわかっていなかったが「女子学院」とは全然ちがうのね。 「データーを読み解く力」を試すそうだが、どうなるのか…

「中学受験」。出願も大変。12月31日が銀行休業日だと知らなかった私。

インターネット出願が多いが。 「栄光学園」は遠いのでインターネット出願が助かった・・・ 「芝学園」は未だに学校に書類を揃えて行かなければいけないので大変。 edua.asahi.com 張り切っていたので、出願用紙の「志望動機」だって1回目と2回目、違う理…

「中学受験」。4年生頃からは他の人たちと距離をおく。「中学受験生の保護者」は怖い。

比較的「スクールFC」は仲がよかったが。 うちは「花まる学習会」からそのまま「スクールFC」に入ったので、実質「小3から受験のスタート」なのだろう。 小4になると、みんな「自宅近くの塾」や「大手」に転塾して行った。 残っているのは、「普通の塾」が…

「中学受験」。1年前の今頃は緊張の毎日だった。中学受験生親子の12月。

最後の「模試結果」も、思うほど伸びず大丈夫か?と不安だった。 12月ともなると、親はかなり参ってくる。 先日、同級生の母たちと話す機会があったのだが、 「去年の秋以降なんて、何やってたか覚えてないよね・・・」という話になった。 同級生の親たち…

御茶ノ水カレッジの「高濱ナイト」に行ってきた。ゲストは「船橋力」さん。その2。

留学の話。ただただ息子に行かせたい!! tobitate.mext.go.jp トビタテ!留学JAPAN どう考えても、息子が高校生になったら行かせたいでしょ。 「トビタテ!留学JAPAN」の選考基準が面白かった。 1、情熱 2、好奇心 3、独自性 語学力は問わない! これな…

御茶ノ水カレッジの「高濱ナイト」に行ってきた。ゲストは、トビタテ留学JAPANプロジェクトディレクターの「船橋力」さん

船橋さんは「公立中学」がいいとおっしゃった。 「社会に出た時、同じようなレベル、同じような環境の人間が集まる場所なんてないんですよ。 だから僕は「公立」がいいと思います。」とおっしゃった。 「私立」だと同じレベル、環境の人間が集まりやすいから…

「中学受験」。残り2ヶ月。親が出来る事。補助と応援。

あとはもう応援するしかない。 とうとう「2月1日」まで2ヶ月を切った。 世の中では「インフルエンザ」も流行していて恐ろしい。 逆に今のうちにかかっておいた方がいいかもしれない。 resemom.jp 今、思えば「A3対応」プリンターは買えばよかった・・・…

「中学受験」。都内中高一貫校の「高校募集」停止。

そりゃあ「日比谷高校」行きたいさ。 urbanlife.tokyo 確かに同じ学校での「中学入学生」と「高校入学生」では、学力差があるだろう。 昔説明会で聞いた、都立の「中高一貫校」も、最初から一緒になる学校と、途中から一緒になる学校があった。 「高校募集」…

「御茶ノ水カレッジ」。汐見稔幸先生の講演会。「人間らしく生きる」

「AI時代」に人の幸せって? 地球を守り、共存する事を学んだが。 「便利」を追求してきた結果、今後、全てが「AI」で生活という事になりかねない。 「人間の進化」とは「文化」を作った事。 芸術を価値あるものとし、精神的な安らぎを求めた。 これから…

「御茶ノ水カレッジ」。汐見稔幸先生の講演会の中身。「SDGs」を学ぶ意味。

結論はでたけど、中身がおもしろかった。 講演会の中身について、ほとんど書いていなかった。 いや~、考えさせられる内容だった。 世の中にあまり変化のない時代の子育ては、親世代が自分たちが経験してきてよかったものをそのまま生かせる。 今は時代の変…

「御茶ノ水カレッジ」汐見稔幸先生の講演会に行った。「AI」社会って何?その中で人間らしく生きるために今必要なこと。

講演会に行くたびに思うのは、必要なのは「生きる力」でもう既存の勉強じゃないということ。 「御茶ノ水カレッジ」の汐見先生の講演会に行った。 「御茶ノ水カレッジ」の講演会だが、いつもながらに人選が素晴らしいと思う。 汐見先生も素晴らしかった。 こ…

「中学受験」。公立中学の「内申点」が怖くてうちは「私立」を受験をした。

公立の小中学校は不平等だと思っている。誰もが工藤校長ではない・・・ わが子が、いわゆる「普通の子」じゃない事は重々承知していた。 小学校で散々な目に遭ったので、「公立中学なんて恐ろしくて行かせられない」と思った。 先生に従える子が「いい子」で…

「中学受験」。本番が迫る中。できるだけたくさん「行きたい学校」を見つけておく。

過去問が解けなくなったら? edua.asahi.com 埼玉受験まであと1カ月とちょっと。 模試もいよいよ12月で終わり。 塾で最後の面談をして、志望校を決定して行く。 (第一志望以外は、最後まで変更可能。) そんな中「過去問」が解けなくなったら、親子とも…

「中学受験」。難関国立七大学合格者数。公立中高一貫校からは?大人気の公立中高一貫校。

公立中高一貫校からの難関国立七大学合格者数 edua.asahi.com 地方の学校が上位を占め、東京の「小石川」が8番目。 東京で「公立中高一貫校」に入るには、6~8倍くらいの中を勝ち抜かなければならないが、先日講演会でお話したお母さんは千葉なのでもっと…

「中学受験」。当日まで願書提出ができる学校もある。12月15日、神奈川の教育フェアの申し込みも。

埼玉、千葉、2月1日の結果次第で受験校が変わる。 resemom.jp ↓ 早稲アカ主催、申し込み。 ~お子様の未来を考える~ 神奈川Top5校教育フェア2019 | イベント・説明会 | 中学受験の進学塾・学習塾なら早稲田アカデミー もうまもなく1月から「埼玉入試」が…

「中学受験」。2020年度入試。人気校の傾向。「思考コード」も活用する。

増え続ける中学入試受験生。 ↓ 我が家は5年生まではこの首都模試、6年生はは「合不合判定」を受けていた。 resemom.jp 基準としては「合不合判定」は「首都模試」と偏差値が10くらい違うと言われていた。 「合不合判定」の方が難しいのだ。 ただ、息子は…

「中学受験」。志望校選び。子どもはどこに行っても大丈夫。

最近の反省・・・ここにきて思う事。 toyokeizai.net おおたとしまささんが、「首都圏の私立は偏差値に関わらず、みんないい学校です。 どこもいい所もあれば、悪い所もある。」とおっしゃっていた。 いつも私は「決めつける性格」だ。 説明会に行っては 「…

「中学受験」。とは関係ない?「講演会」に行ってきた。これからの教育環境について。③

AI時代に必要なスキル。 peatix.com 「知窓学舎」の矢萩邦彦さんが、いろいろな事を教えてくださった。 これから先の、「不確かな世界」に対応するには、大人がイメージできないといけない。 どのような能力を獲得して、それをどう使うのか? ネットやゲーム…

「中学受験」。とは関係ない?「講演会」に行ってきた。これからの教育環境について。②

オルタナティブ教育、世界七大教育法。 peatix.com 世界七大教育法 世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書 作者: おおたとしまさ 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2019/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを…

「中学受験」。とは関係ない?「講演会」に行ってきた。これからの教育環境について。①

安浪京子さん、おおたとしまささん、矢萩邦彦さんの3人が揃うなんて、「絶対行くしかないでしょ!」。 peatix.com いつもは「御茶ノ水カレッジ」の講演会に参加しているが、おおたさんと矢萩さん、どちらもも大ファンなので、「絶対行きたい!」と思った。 …

「中学受験」。2020年入試・予想倍率。

「首都圏・併願校」予想実質倍率。 いつもの森上研究所の記事だ。 diamond.jp 外を歩くと肌寒く、いよいよ本番が近付いて来た感じがする。 受験に向けた記事も「予想倍率」だ。 ↓ 他にも特設サイトがあった。 diamond.jp 併願校と書かれているのに、4倍を超…

「中学受験」。受験算数の解説。小5、小6の問題が中学の基礎となる。

「花まるラボ」の川島先生は趣味で受験問題を解いて、更に解説してくれている。 先日、2週連続で「花まるラボ」の川島先生の講演会に行ったが、先生は算数の問題が好きすぎて、趣味で「受験問題」を解いていらっしゃる。 そして、それを「どこよりも早く解…

「中学受験」。12月までの模試結果で志望校を決めていくが、1月にグンと伸びる子もいる。

いつから「第一志望合格者」が4人に1人になったの? edua.asahi.com この記事の書き出し、 「関東圏では、第一志望の中学校に合格できる子どもは、4人に1人と言われています。」 って、いつから「3人に1人」が、「4人に1人」になったの? 3人に1人って聞…

「中学受験」。社会の時事問題。覚えて取れる得点は欲しい!!

各社出そろった、「時事問題」の本。 本番まであと80日程となった。 算数、国語に加えて、「時事問題」の準備も。 2020年 中学入試用 サピックス 重大ニュースジャンル: 本・雑誌・コミック > 語学・学習参考書 > 学習参考書・問題集 > 小学校ショップ: 学参…

「中学受験」。来年は、今年よりさらに狭き門に?

年々増え続ける受験者数。 www.yomiuri.co.jp 2020年、大学入試改革がゴタゴタしている。 これじゃあ、親は不安で仕方がない。 大学付属の人気が上がるのも当然だろう。 今年の受験者でさえ「何でこんなに多いの?」と思っていた。 うちは3年前、4年生…

「中学受験」。今更ながら、「中学受験」した方がいい理由。

変わった子だと、やっぱり「公立」は心配。 もともとは、「花まる学習会」に6年間通って、近所の公立中学に行って、なるべく近くの都立高校に行って・・・というのが「普通」だと思っていた。 ところが「内申点」というものによって、いくら勉強が出来ても…