「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

問題集・参考書・教材

「中学受験」。御茶ノ水カレッジ「お母さんのための教養講座」。「本郷中学」木村友彦先生の現代文と入試問題。

入試問題を作っていらっしゃる先生のお話。 edupla20191210.peatix.com 「本郷」の教頭先生でもいらっしゃる、木村友彦先生の講演会に行った。 テーマが「入試問題」という事で気になった。 ↓ 「花まる」ファンなので、国語教材はこちらがオススメ。 小学校…

「中学受験」。時事問題。押さえておこう。

通塾の電車の中で読む。親子で話し合う。 edua.asahi.com edua.asahi.com ↓ サピのサイトはさすが。 じじもん Scrum(スクラム):中学入試の時事問題学習サイト 2020年中学入試用サピックス重大ニュース―中学入試に出る 2019ニュース解説(小学5・6年 作者: …

「中学受験」。難関国立七大学合格者数。公立中高一貫校からは?大人気の公立中高一貫校。

公立中高一貫校からの難関国立七大学合格者数 edua.asahi.com 地方の学校が上位を占め、東京の「小石川」が8番目。 東京で「公立中高一貫校」に入るには、6~8倍くらいの中を勝ち抜かなければならないが、先日講演会でお話したお母さんは千葉なのでもっと…

「中学受験」。受験算数の解説。小5、小6の問題が中学の基礎となる。

「花まるラボ」の川島先生は趣味で受験問題を解いて、更に解説してくれている。 先日、2週連続で「花まるラボ」の川島先生の講演会に行ったが、先生は算数の問題が好きすぎて、趣味で「受験問題」を解いていらっしゃる。 そして、それを「どこよりも早く解…

「中学受験」。社会の時事問題。覚えて取れる得点は欲しい!!

各社出そろった、「時事問題」の本。 本番まであと80日程となった。 算数、国語に加えて、「時事問題」の準備も。 2020年 中学入試用 サピックス 重大ニュースジャンル: 本・雑誌・コミック > 語学・学習参考書 > 学習参考書・問題集 > 小学校ショップ: 学参…

「中学受験」。一教科入試の増加。算数一教科で勝負する。

当たり前だが「算数」が出来る子は入試に有利。 diamond.jp 1月の埼玉、「栄東」、「西武学園文理」、「千葉明徳」が算数1教科入試を行う。 後は2月1日の、第一志望校の午後にある。 英語の飯塚先生がいらっしゃる、オススメの「鎌倉学園」でもある。 2…

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」③

「公式を覚えるだけだとつまらない」と思える力。 学生時代、3日3晩「ゲーム」をやっていた事があったが、親に怒られなかったそうだ。 「中高以降は好きな事をやれ」 高校時代は授業がつまらなくて、「意味あんのかなあ?」と思い、学校と距離を取っていた…

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」②

30才で社長に。「私はこれ!!」というものを見つける。 いつも、「自分ではもっと行ける」と思っているのに、やってみると「普通」で、この人には叶わないという人を見てきた。 いつも「中途半端」で天賦の才能には勝てない。 プログラミングも自分で本を…

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」

今、輝いてる人をゲストに・・・の「高濱ナイト」。いちばん勉強になった回だと思う。 これまでの「高濱ナイト」のゲストの方々は、何にでも秀でていて、挫折感をあまり味わった事がない方ばかりだったような気がする。 そんな中、青野さんは何かする度に、…

「中学受験」。宝槻泰伸さんの「とんでもオヤジの「学び革命」」を読んだ。

宝槻さんのお父さんはスゴイ!!誰もがマネはできない・・・ 「高濱ナイト」で見た「探究学舎」の宝槻泰伸さんはもの凄く魅力的な方だった。 宝槻さんはお父さんが大好きで、 学ぶことの面白さを教えてくれたという話をされていたので、ずっと気になっていた…

「御茶ノ水カレッジ」「花まるラボ」の川島先生の講演会に行った。

STEAMの世界を体験。 川島先生はズバ抜けて「頭がいい」のはもちろんだが、子どもたちへの愛に溢れている人だと思った。 「やさしい人」ってこういう人。 施設の子どもたちや、海外教育支援もされている。 さすが「井本先生」の教え子だ・・・ 私が出会…

「花まる学習会」高濱先生の講演会。子どもの「習い事」のお話。病んでいる母親って。

子どもの実力を伸ばす具体策 (6) わが子の「おけいこごと」どう選ぶか」 子どもの「習い事」のお話だが、その前に子育て全般のお話があった。 しつけと教育方針は正解がない。 常識とは親が与えた物。 夫婦でこういう風にやっていこうと決める。…

「中学受験」。過去問に気が遠くなる・・・

それでもコツコツやるしかない。 「過去問」を始めてみるとわかるが、結構解けない・・・ こんなんで 「受験本番までに間に合うのか?」と怖くなるが、大丈夫だ。 1つ1つ出来なかった問題を潰していければ、解けるようになる。 edua.asahi.com まずはやっ…

「中学受験」。全ての基礎の国語。1点でも多く!!

全ての教科に繋がる国語力。 本をたくさん読むからといって、国語の成績がいいとは限らないそうだ。 息子は、たくさん本を読んでいた。 トイレの中にまで本を持ち込み、常に読む。 但し「電車の本」「おふざけの本」に「マンガ」だ。 未だに「天才バカボン」…

「中学受験」。過去問は何回やるのか?

うちは何回もやり過ぎて、明らかに失敗だった・・・ edua.asahi.com 9月から始めた「過去問」。(実際は、8月の最終週から始めていた。) ↑ 何回もやるので、「過去問記録ノート」にコピーした「入試結果表」を何校分も重ねて貼っていた。めくればすぐ見ら…

「中学受験」。「立体の切断」アプリ。苦手かも?と思う前に先手必勝。

「苦手」と思う前にやっておけば好きになるかも? 最初に言っておくのは、私が「花まる」の大ファンだという事。 どうしても「ひいき目」に見てしまうので、その点は了承頂きたい。 年長から「花まる学習会」に通っている息子。 3年生になる頃に「Thin…

「中学受験」。合同説明会。成績を上げたい。

まだ知らない学校を知るチャンス。 gakuran.jp 残念ながら、「体験授業」の予約はほぼ満席です。 たくさんの学校を知るという事は、選択肢が広がる可能性があります。 6年生はそろそろ「志望校」を絞る時期ですが、5年生以下の方は、とりあえずいろんな学…

「中学受験」。ドキドキの秋。過去問が始まる。

初めての「過去問」ではビックリするような点数だった・・・ いよいよ「過去問」が始まる。 息子はもちろん「芝中」からやってみた。 が、とんでもない点数だった・・・ ひどいものは30点くらいしか取れていなかった。 あと5ヶ月しかないのにこんな点数で…

「中学受験」。どうやって記憶させるのか?

何度も何度も書いて覚えるしかない・・・ ほとほと「英語」に困り果てている我が家・・・ やはり何度も書くしかないのだろう。 ↓ 井沢さんは「ミクロ暗記」と「マクロ暗記」を使い分けているとおっしゃった。 president.jp ↑ エクセルで作る「記憶術」という…

「中学受験」。地理から学ぶことが多い。

地理にはすべての学問の基礎になる要素が詰まってい president.jp 新聞やニュースの出来事を、地理につなげて学ぶ。 ↓ 社会は覚えれば、ある程度の点数が取れる教科だ。 以前、社会の狩野先生の講演会に行った時に、「こつこつできる女子は、社会を好きにな…

「中学受験」。文章を書く。小さい頃に嫌いにさせない。

「花まる」では作文コンクールがあった。 年長から通っていた「花まる学習会」では、毎回「作文」を書いていた。 お陰で息子は小さい頃から「文章を書く」と言う事には慣れていた。 子どもが「感じた事」をそのまま文字、文章にしてみる。 それだけで、花ま…

「中学受験」。たくさんの情報が溢れている。

正解も不正解も、何を選ぶ、どれを選ぶかも親が決めなきゃならない。 もっと私が勉強しておけばよかった。 テレビで佐藤ママを見た時に、「恋愛は無駄」とか、「お手伝いはしなくていい」というの聞き、とても受け入れられなかった。 あまりにも「花まる」の…

「中学受験」。算数はまず最初にこんな先生に教わりたい。

小学生には興味を引くようなおもしろい授業が欲しい! 以前参加した、「探究学舎」の先生の講演会で、一緒にいらした 日本お笑い数学協会副会長の「横山明日希」先生。 www.mikan-iroblog.com 大変面白い授業で、引きこまれたのだが、 こんな記事があった。 …

花まる学習会「高濱先生の講演会」。言葉の力~親子の言葉のやり取りが地頭を決める~

自分はきちんと子どもと話せてるだろうか? 高濱先生の講演会に参加すると目に付くのは、先生が手に持っていらっしゃる数枚にわたる原稿の細かさだ。 これだけ数多くの「講演会」をされているのにも関わらず、毎回、前日までに原稿を書き上げて準備されてい…

「中学受験」。の図形問題。小さい頃は「パズル」がオススメ。

「賢い受験生」という書き方が気になるが・・・ diamond.jp こんな記事を見つけたが、図形問題は必ず出る。 先日「花まる」ラボのアプリを紹介したが、我が家も「図形」で困った事はない。 「シンクシンク」アプリを始めたのは5年生だったが、それでも役に…

「中学受験」。夏休みに立体のお勉強。苦手な子もこれならできる!!

世界の教育アプリTOP5に選ばれた「シンクシンク」を作った「花まるラボ」の新作、受験生用の「立体図形アプリ」 cubecut.ultimate-math.com 少し前に「花まるラボ」の方とお話をした。 「受験で図形が苦手な子がいるじゃないですか。その子たちを何とか…

「中学受験」。国語の勉強法。

国語は得意だったが、「物語文」で人物がたくさん登場するとサッパリになった・・・ 国語ができないと、全ての教科に影響が出る。 長文の問題が多い中、読解できないと問題が解けない。 diamond.jp 息子は比較的「国語」は得意だった。 先生たちから「母との…

「中学受験」。社会の時事問題の準備。

小学生新聞を読む。ニュースを見る。 diamond.jp 毎年出る、社会の時事問題。 うちは去年、四谷大塚の「ニュース最前線」を購入したが、その後すぐ「時事問題に強くなる本」というのがスクールFCで配られた。 待てばよかった・・・ 他にもサピックスからも…

中学受験、6年生は逆転のラストチャンス!「夏休み学年別・算数学習法」

こんな記事を見つけた。夏休みってラストチャンスなんだ・・・ diamond.jp 入試で、合格者平均点は7割だそうだ。 先日私は6割と書いていた。 「芝」の説明会で、担当の先生が6割取れればいいとおっしゃていたのを思い出して、書きました。 すいません・・…

「中学受験」。6年生の「合不合判定テスト」結果を改めて見てみた。

最初はよかったのにな~・・・ 6年生の第1回目の「合不合判定」は、もの凄くよくて、そのまま行ってくれ!!と思っていた。 芝の「合格者平均」も余裕で上回り、希望に満ちていた。 しかし、2回目からは、「合格者平均」くらいになった。 ずば抜けていい…