「中学受験」って大変。

「中学受験」について個人的な思いを綴ったブログです。(2019年終了)。参考程度に読んで頂けると幸いです。講演会のお話も書きます。温かく見守ってください。😄

講演会

「高濱先生講演会」。男の子の国語力の伸ばし方。小さいうちは外遊びがいい理由。

経験総量の多さがモノを言う。 我が身を振り返っても、息子の習い事は多すぎた・・・と感じている。 講演会に来るようなお母さんたちの子どもは大抵、 花まる➕ピアノ➕英語➕スポーツ➕アルゴクラブやThink!Think!➕スイミング➕etc と「1週間ビッチリ習い事」の…

「御茶ノ水の講演会。」子どものやる気をぐんぐん高めるコミュニケーション10箇条とは?

「NPO法人 いきはぐ教育コーチ」吉田忍さん。 久しぶりに行った講演会。 「これならできそう!」と思えるものを探しに。 edupla20200212.peatix.com 吉田忍さんはNPO法人「いきはぐ」というところからみえていた。 「生きる力を育む教育」で「いきはぐ」。 N…

「高濱ナイト」乙武洋匡さんの回・その5。これからの世の中、次に来るものは?

もっと早く救ってやれなかったのか? 「花まる学習会」高濱先生とスーパーマン100人による 「高濱ナイト」。 乙武洋匡さんがゲスト。 高濱先生の質問 「なぜ教員免許をわざわざ取得したんですか?」 小学生による殺人などの「少年犯罪」が増えたと感じ、 …

「高濱ナイト」乙武洋匡さんの回・その4。小学校生活のルール。モテる努力を!

「子どもたち自身」で考えるチャンスを。 「花まる学習会」高濱先生と、スーパーマン100人による 「高濱ナイト」。 「乙武洋匡」さんの回。 小学生の乙武さんは、いい先生に恵まれた。 1年生から4年生までは「みんなと同じようにさせる先生」。 5年、…

「高濱ナイト」乙武洋匡さんの回・その3。「いじめ」はあったの?

父の「深い愛」といじめの話。 「花まる学習会」高濱先生による「高濱ナイト」。 乙武洋匡さんゲストの回。 乙武さんのお父さんは、息子を溺愛していた。 大学受験の際、初日に「トイレ」に行きたくなった乙武さん。 乙武さんは、1人でトイレには行けないそ…

「高濱ナイト」乙武洋匡さんの回・その2。人と違うってどういう事?

「ご両親」の大らかさが素晴らしい。 「花まる学習会」の高濱先生がスーパーマン100人を呼んで対談する 「高濱ナイト」。 ゲストは乙武洋匡さん。 まずは生い立ちから。 生まれた瞬間、手足がない事はお父さんにしか告げられず、お母さんはその事を1カ月…

「高濱ナイト」乙武洋匡さんの回。「あなたのお子さんが小6でサッカーの修行をしに単身バルセロナに行きたい!と言ったら行かせますか?」

これからは「みんなと同じ」が不利になる時代。 「花まる学習会」高濱先生が、スーパーマン100人と対談する「高濱ナイト」。 今回のゲストは「乙武洋匡」さん。 edupla20200121.peatix.com 高濱先生のインタビューが始まるのだが、「あの事」だけはなるべく…

「講演会の話」。高濱先生と直井亜紀先生。「パートナーシップは想像力」。

パパのモヤモヤとママのホンネ。 御茶ノ水カレッジの講演会に行った。 夫婦のお話しで、男女の考え方の違いで頷く事ばかりだった。 直江先生の、世の中の「お母さんだからやって当たり前でしょ」「お母さんだから子どもを大事にして当たり前でしょ」「お母さ…

「中学受験」。「本郷中学」木村友彦先生の現代文。入試問題の「国語」。取り組み方・解き方。

「お母さんのための教養講座」小説問題の取り組み方。 edupla20191210.peatix.com 小説問題の取り組み方 小説問題の読み方・解き方の指標 小説は自分の感性によって読むもの?→小説の中にはある文章を「小説」として成立させるための論理構造があり、その論…

「中学受験」。「本郷中学」木村友彦先生の現代文と入試問題。続き。小さい頃にできる事は?

入試問題は血と汗と涙の結晶。 edupla20191210.peatix.com 「本郷中学」の 木村友彦先生の講演会。 入試問題のお話だった。 「受験生」は「作問者の読解の視点」というフィルターの存在を意識する必要がある。 →作問者の観点を知り、読解と解答の戦略を練る…

「中学受験」。御茶ノ水カレッジ「お母さんのための教養講座」。「本郷中学」木村友彦先生の現代文と入試問題。

入試問題を作っていらっしゃる先生のお話。 edupla20191210.peatix.com 「本郷」の教頭先生でもいらっしゃる、木村友彦先生の講演会に行った。 テーマが「入試問題」という事で気になった。 ↓ 「花まる」ファンなので、国語教材はこちらがオススメ。 小学校…

御茶ノ水カレッジの「高濱ナイト」に行ってきた。ゲストは「船橋力」さん。その2。

留学の話。ただただ息子に行かせたい!! tobitate.mext.go.jp トビタテ!留学JAPAN どう考えても、息子が高校生になったら行かせたいでしょ。 「トビタテ!留学JAPAN」の選考基準が面白かった。 1、情熱 2、好奇心 3、独自性 語学力は問わない! これな…

御茶ノ水カレッジの「高濱ナイト」に行ってきた。ゲストは、トビタテ留学JAPANプロジェクトディレクターの「船橋力」さん

船橋さんは「公立中学」がいいとおっしゃった。 「社会に出た時、同じようなレベル、同じような環境の人間が集まる場所なんてないんですよ。 だから僕は「公立」がいいと思います。」とおっしゃった。 「私立」だと同じレベル、環境の人間が集まりやすいから…

「御茶ノ水カレッジ」。汐見稔幸先生の講演会。「人間らしく生きる」

「AI時代」に人の幸せって? 地球を守り、共存する事を学んだが。 「便利」を追求してきた結果、今後、全てが「AI」で生活という事になりかねない。 「人間の進化」とは「文化」を作った事。 芸術を価値あるものとし、精神的な安らぎを求めた。 これから…

「御茶ノ水カレッジ」。汐見稔幸先生の講演会の中身。「SDGs」を学ぶ意味。

結論はでたけど、中身がおもしろかった。 講演会の中身について、ほとんど書いていなかった。 いや~、考えさせられる内容だった。 世の中にあまり変化のない時代の子育ては、親世代が自分たちが経験してきてよかったものをそのまま生かせる。 今は時代の変…

「御茶ノ水カレッジ」汐見稔幸先生の講演会に行った。「AI」社会って何?その中で人間らしく生きるために今必要なこと。

講演会に行くたびに思うのは、必要なのは「生きる力」でもう既存の勉強じゃないということ。 「御茶ノ水カレッジ」の汐見先生の講演会に行った。 「御茶ノ水カレッジ」の講演会だが、いつもながらに人選が素晴らしいと思う。 汐見先生も素晴らしかった。 こ…

「中学受験」。公立中学の「内申点」が怖くてうちは「私立」を受験をした。

公立の小中学校は不平等だと思っている。誰もが工藤校長ではない・・・ わが子が、いわゆる「普通の子」じゃない事は重々承知していた。 小学校で散々な目に遭ったので、「公立中学なんて恐ろしくて行かせられない」と思った。 先生に従える子が「いい子」で…

「中学受験」。とは関係ない?「講演会」に行ってきた。これからの教育環境について。③

AI時代に必要なスキル。 peatix.com 「知窓学舎」の矢萩邦彦さんが、いろいろな事を教えてくださった。 これから先の、「不確かな世界」に対応するには、大人がイメージできないといけない。 どのような能力を獲得して、それをどう使うのか? ネットやゲーム…

「中学受験」。とは関係ない?「講演会」に行ってきた。これからの教育環境について。②

オルタナティブ教育、世界七大教育法。 peatix.com 世界七大教育法 世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書 作者: おおたとしまさ 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2019/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを…

「中学受験」。とは関係ない?「講演会」に行ってきた。これからの教育環境について。①

安浪京子さん、おおたとしまささん、矢萩邦彦さんの3人が揃うなんて、「絶対行くしかないでしょ!」。 peatix.com いつもは「御茶ノ水カレッジ」の講演会に参加しているが、おおたさんと矢萩さん、どちらもも大ファンなので、「絶対行きたい!」と思った。 …

「中学受験」。志望校を考える。大事なのは幼児期。リターンが大きい。

まずは「学ぶ楽しさ」の体験を積む。 ほぼ生活の一部と化している「御茶ノ水カレッジ」の講演会。 昨日は「ガイアックス」の木村智浩さん、今日は「花まるラボ」の川島先生の講演会に参加した。 いろんな方の「講演会」に参加する度に、「息子はここじゃない…

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」③

「公式を覚えるだけだとつまらない」と思える力。 学生時代、3日3晩「ゲーム」をやっていた事があったが、親に怒られなかったそうだ。 「中高以降は好きな事をやれ」 高校時代は授業がつまらなくて、「意味あんのかなあ?」と思い、学校と距離を取っていた…

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」②

30才で社長に。「私はこれ!!」というものを見つける。 いつも、「自分ではもっと行ける」と思っているのに、やってみると「普通」で、この人には叶わないという人を見てきた。 いつも「中途半端」で天賦の才能には勝てない。 プログラミングも自分で本を…

「高濱ナイト」。「株式会社サイボウズ代表取締役社長 青野 慶久さんの回」

今、輝いてる人をゲストに・・・の「高濱ナイト」。いちばん勉強になった回だと思う。 これまでの「高濱ナイト」のゲストの方々は、何にでも秀でていて、挫折感をあまり味わった事がない方ばかりだったような気がする。 そんな中、青野さんは何かする度に、…

「御茶ノ水カレッジ」「花まるラボ」の川島先生の講演会に行った。

STEAMの世界を体験。 川島先生はズバ抜けて「頭がいい」のはもちろんだが、子どもたちへの愛に溢れている人だと思った。 「やさしい人」ってこういう人。 施設の子どもたちや、海外教育支援もされている。 さすが「井本先生」の教え子だ・・・ 私が出会…

「中学受験」。講演会の伊藤先生はさすがプロだった。人気校・オススメ校は?

こんな先生に教わりたかった。 スクールFC「伊藤潤先生」の講演会の話が数回に分かれて長くなってしまった。 「20年先生をしている」とおっしゃっていて、何もかもが「さすがだ!!」と思った。 こんな先生に息子を預けたかった・・・ 「集団塾」で6年生…

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」学校見学の種類。模試会場を利用しよう。⑤

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。⑤ 学校見学の種類 ◎合同説明会 複数の学校が1か所に集まって行われる。 毎年5月に「ベネッセ」主催の合同説明会が「国際フォーラム」で開催されている。 ↓ 11月17日(日) www.netty.ne.jp 一度に…

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」学校選び。第一志望合格は3人に1人という現実。④

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。④ 中学受験を決めたらする事 まずは、「塾」探し。 スタンダードは、3年生の2月から新4年生が始まるので、そこから。 入塾テストを受けてみる。 「花まる学習会」の方は、そのまま「スクールFC」に移…

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」親の競争になっている現実。軸を持つ。③

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。③ 「中学受験」は、どんどん勉強量が増え続け、親のサポートが更に大変になってきている。 「中学受験」に臨むなら、家族でチームを作る事。 成長する子の親は、 「安心できる家庭である事、子どもを大切…

「中学受験」。「中学受験のはじめ方 ~幸せな受験の下準備~」中学受験と高校受験のメリット・デメリット。②

御茶ノ水カレッジの「伊藤潤先生」の講演会に行った。② www.inter-edu.com 大学進学実績、東大の合格実績を見ると、中高一貫校が多数を占めていて、有利な事が伺える。 理由としては、5年間で高3までの勉強を終えて、高3の1年間を「大学受験勉強」に当て…