「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

中学受験で意外とバカにできない「国語教材」としての「ちびまる子ちゃん」シリーズ

息子は「本好き」です。

新中一生が読むのに「本」と言ってしまっていいのか疑われる代物ですが・・・

メインの読み物は「電車」の路線図、車両の写真が載っている物・・・

その次によく読むのが「サバイバルシリーズ」←これはマンガですね。

あとは「戦国武将物」の歴史まんが。←これもマンガですね。

そして受験生時代によく読んだのが「ちびまる子ちゃんシリーズ」の言葉の本です。

ことわざの意味と4コマまんがが載っていて、それはもうトイレの中にまで持ち込んで、大爆笑しながらいつも読んでいました。

お陰で「ことわざ・慣用句」が得意で、ついでに漢字も覚えるので、国語の偏差値は高かったです。

「そんな物使わなくても、うちは国語得意だわ」という方には必要ないですが、国語がちょっと苦手かな?というお子さんには、読みやすいし、頭に入りやすいので、かなりオススメです。

何より、勉強してる感が全くありませんから。(笑)

ついでに言うと「戦国武将マンガ」も戦国時代のみに関してだけは、社会科に役立ちます。

テストに出そうもないくらいな細かいところまで覚えます。(笑)

なかなか勉強が進まないお子さんには、最初のとっかかりとして試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに「サバイバルシズ、実験対決シリーズ、発明対決シリーズ」はちょっとだけ理科の勉強に役立ちます。