「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

受験勉強「理科」と「社会」はすきま時間を使って基礎用語から。

覚える事がたくさんあるので、とにかく早めに始めると後が楽。

算数や国語がメインになりがちな受験勉強ですが、合計点で合不合が決まる受験では、理科と社会も大事ですよね。

理科も社会もまずやっておくといいのは「基礎用語」を覚える事です。

息子は「昆虫図鑑」をまるまる1冊暗記するような子なので、生物には強かった!が・・・その他「星座」「植物」「食塩水」etc・・・要するに「生物」以外全く興味がなかった。

生物がメインの「模試」では、かなりの好成績を上げる事ができたけど、それ以外の時は「普通」。

ほんとに「普通」でした。

社会も「戦国武将好き」を活かして「戦国時代」には強かったけど、古墳時代弥生時代等が出ると、さっぱりでした・・・

「戦国武将好き」はたくさんいるので、歴史で点差を付けるなら、まさにこの皆の興味がない「古墳時代」「弥生時代」だと思います。

興味がないけど、覚えなければならないので、理社に関しては通塾の電車の中で読むように「基礎用語」の本を持たせました。

持たせただけで読む訳もなく、付き添って見張りました。

「全部読んだ」と言い張るので、本の中からクイズを出して答えさせました。

その後は「クイズ形式の本」を買い、電車の中で私が問題を出し、子どもが答えるという事をしていました。

あとは「単語帳」に歴史年号と出来事を書いて、それもクイズにしました。

はぁ~、私がクイズにしなくても自分1人で出来る子だったら・・・と思います。

大変でした。

それでもこのコツコツは効果があります。

かなりの量の知識が頭に入ります。

1人で出来ない子は親が手伝うしかありませんが、一緒にいる少しの時間でもいいから、こつこつやってみてください。

 

f:id:mikan-iro:20190329223333j:plain
f:id:mikan-iro:20190329223400j:plain