「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「国語の語彙力」国語辞典を使って語彙力アップ。競争でとにかくたくさん調べよう!

負けず嫌いを利用して辞書を使おう。

スクールFCでは3年生になると「ことしら」というのが始まった。

「ことしら」とは言葉調べのことだ。

「国語辞典」を購入し、調べた言葉を「ことしらノート」に書いて行く。

先生が見てくれて「花まる」をくれる。

確か年間で200個目標だったと思う。

クラスの中で「今週は何個調べてきたか」の競争があった。

「1番好き」の息子はそりゃぁがんばった。

だって「1番」になりたいから。

がんばって、がんばってずっと1位を取っていた。

ところがある日女子に追い越されて2位になった。

悔しいのでまた追い越そうとがんばったが追いつけず・・・

少しずつやる気を失う息子。

だって「1位」になりたかっただけだから、2位じゃ意味がない。

そうこうしている間に「3位」なってしまった。

一気に彼のやる気は下がり、そのままサボるようになってしまった。

結局3年生の終わり「ことしら」の順位は「3位」で終わった。

最初の頃にがんばったお陰でストックがあり、後半サボったがそのまま逃げ切った形だ。

辞書を見ると、大量の付箋が誇らしげに貼り付けてある。

今その辞書は「辞書として使うには難しい」くらい原形をとどめていない。

表紙はなくなり、中身も数ページちぎれてなくなっている。

「4年間がんばった証」とも言えるが、うちの場合はただ単に扱いが雑なだけだ。

ただ言えるのはこの「ことしら」という制度は「負けず嫌いの男子」にはもってこいの方法だった。

お陰で言葉をたくさん覚える事ができたし、何より辞書をひくスピードが速い!!

だいたい5秒以内に1つの言葉を調べられる。

しかし最後にコツコツがんばり抜けるのはやっぱり「女子」なんだよな~。

 

f:id:mikan-iro:20190330143937j:plain

https://www.instagram.com/p/BvnepZ9hEj0/

もはや何かわからない😖#国語辞典#表紙がない#言葉調べの付箋がいっぱい#どこの辞書かもうわからない#出版社不明#お世話になりました#あとわの一部は調べられない