「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。

「中学受験」落ちた人はブログを書かない。

「中学受験」成功体験のブログはたくさんあった・・・

こうして「これから受験される方々の何かのお役にたてれば」と思い、ブログを始めてみましたが、調べてみると「受かった人」たちのブログはたくさんありましたが、落ちた人は普通は書かないようです。

子どもが受験生の頃はいろんな事を試しました。

後から言われましたが、先生方も皆さん「受かる」と思っていたそうです。

それだけの勉強はしたつもりだったし、1月は凄い勢いで「インフルエンザ」が流行し、学校の半分が「学級閉鎖」になったので「そんな恐ろしいところに行かせられない!」と、始業式と、埼玉が終わった後1日しか学校には行きませんでした。

その間、朝から晩まで塾で勉強していました。

それこそ9月に「過去問」を始めたころは「こんな点数じゃ無理・・・」というくらいの点数でしたが、そこからどんどん上げていきました。

どうしても行きたい学校だったし、これだけやったんだから行けると思っていました。

過去問を何年分も遡り、初見の問題にも慣れ、初見でも「合格者平均」は取れるようになっていました。

「受験は何があるかわからない」という言葉がありますが、本当に「落ちる」という事を想像できていませんでした。

子どもの前で決して口にしてはいけませんが、親はこの「落ちた時の覚悟」も必要だったな・・・と思います。

2月1日に受かった人はそりゃぁ大喜びでしたが、毎日、毎日、落ちていく人も見ました。

その度に「受験校」を変え、出願し、試験、の繰り返しです。

親子とも精神的に参ってきます。

うちは埼玉で合格し、学力的に「その学校以下の学校」は受験を取りやめました。

「受かる」と思っていましたから・・・

今思えば、東京で「ない番号」を探し続けなければならないくらいだったら、「行かなくても」どこかで「合格」を取っておくべきだったな・・・と思います。

(実際には「合格」はありますが、ネット発表なので実感がない)

子どもに「合格した!」という自信を持たせるのも必要だったな・・・とも思います。

何が起こるかわからない受験、今までやってきて、自分では何がよかったのか、何が悪かったのかはもうわかりません。

「これがよかった」「こらが悪かった」の判断は読んでくださる方にお任せ致します。

「お母さんがこんなんだからダメなのよ」等、「反面教師」でも構わないので、何か皆さまの参考になれば幸いです。

この積み重ねてきた勉強は間違いなく今後の役に立つと信じています。