「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です。「反面教師」にしてください。

「中学受験」でもう少し早く始めておけばよかったと思った事。

実は6年生、残りの3ヶ月は怖くなって「個別」を足した。

我が家は「スクールFC」で卒業までお世話になりましたが、11月からの3ヶ月だけ近所の「個別」にも行きました。

塾から「自分で気が付かなきゃ無理ですよ」とずっと言われてきたけど、黙って待っていられるわけもなく、「どうしよう?」と考えた時、「何か足そう!!」と思いました。

集団塾だったので、先生1人に質問する子の列ができていましたが、我が息子は一切質問にも行かず、「だって、わかってるから聞く事ないし」と言っていました。

自分で問題を解いてわからなければ「解説」を読み、「あっ、そうか!」とわかったつもりになるが、本当はわかってはいない。

でもその事に気が付かないので質問にも行かない・・・というパターンが出来上がっていました。

塾での子どもたちの様子を見ては「質問に行く子っていつもおんなじ子ばっかりだな・・・」と思っていました。

うちの子は全然行かないな・・・多分わかってないのにな・・・どうするか?

集団塾では質問に来ない子まではあまり気が回らないと思います。

6年になって他のママたちとも話していましたが、「家庭教師」を足した方がいいんじゃないかという話になっていました。

「う~ん、家庭教師は家に来るんだよね・・・嫌だな・・・個別探してみよう!」と思い、近所を探して、大手の塾にすぐ「体験申し込み」をしました。

思い立ってから3日後にはもう入塾していました。

模試の結果表を持って行き、弱いところを判断してもらい、本番まで時間がないので「過去問」を解いて、「できなかった所を聞く」という授業になりました。

そうしたらでるわでるわ、わかったつもりでいたが本当はわかっていなかった問題の数々。

そこで週1回、「算数」を教わり、「冬期講習」は時間が選べたので「理科」も足しました。

今思えば、もっと早くからこの「個別」を足しておけばよかったと思います。

具体的には遅くても、全ての科目が終わった「夏期講習」明けあたりかな?

集団塾でも「自分で出来る子」「自分で質問に行ける子」は大丈夫です。

でも、何がわからないかもわかっていない子は「個別」や「家庭教師」を足した方がいい気がします。

その子の「弱点」をピンポイントで教わる事ができます。

お金はかかりますが、集団+個別はオススメです。

ただ「個別」のみというのも、どっちに転ぶかわからないので注意が必要です。

「個別」だけにして成績が下がった子もいれば、「個別」だけで合格した子もいます。

あとは親御さんの判断次第です。

個人的には、テストやなんかで自分のレベルを他人と比べられたり、一緒にがんばる仲間がいる集団塾と、弱点をピンポイントで教えてもらえる個別塾を足すのがいいんじゃないのかな?と思います。

トップ校を狙う子たちは、このパターンが多い気がします。

どうか検討してみてください。

 

説明会等のスケジュールがわかるサイトを貼っておきますので参考になさってください。

説明会・イベントカレンダー | 首都圏 | 中学受験情報の「スタディ」