「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」午前、午後入試の連日はキツイ。

本番までに体力を付けておこう。

年が明けて1月早々から「埼玉入試」が始まります。

本気で狙う学校もあれば、練習で受ける場合もあると思います。

やってみて初めて「入試」ってこんな感じなんだ・・・と思います。

ズラッと門の前に、各塾の先生たちが陣取って、握手したり、励ましたり、なかなか他では見る事のない光景です。

冬の寒い朝、早くから先生たちは各学校に散らばっていきます。

毎日、来てくださる先生もいました。

うちはいつも早く着くので、先生たちは大変だったと思います。

ありがたかったです。

息子はFCの先生と握手をした後、四谷大塚サピックス日能研の先生のところに行って、塾生の振りをしながら先生たちに握手してもらっていました。

「サピの先生、いい事言ってくれるんだよね~、元気が出るわ~」と言ってました。

 

塾で「2月の本番の事を考えると、午前、午後入試の練習をした方がいい」と言われました。

埼玉の「開智中学」だと、午後そのまま会場で「開智未来」の試験も受けられます。

しかも受験料合計30000円払えば、「開智」、「開智未来」、「開智日本橋」の3校の受験を何回でも受けられて、かなりお得です。

埼玉はこの「開智」と「栄東」を組み合わせて受験するというのがいいのではないでしょうか?

午前に「開智」を受験し、午後に「開智未来」を受験すると「午前、午後入試」の練習にもなるのでオススメです。

 2月1日、うちも「午前中に第一志望の芝中」を受け、午後は別の学校を受けました。

午後の学校は「合格」しましたが、そんなにできなかったそうで、息子に理由を聞いてみると一言「途中で寝ちゃった」と言ってました・・・

試験本番中に寝るのかい・・・

どうやら午前中に緊張して午後までに力尽きたみたいです。

日程的には2月1日から2月5日まで「午前、午後」と願書さえ出せば、10回試験を受けられます。

ただ、子どもの体力的にそれは厳しいです。

連日になるので、午前だけで限界の子もいると思います。

子どもの体力、行きたい志望校順、午前午後で受ける学校の場所(2校の距離)等を考慮して日程を組んでください。

そして、埼玉の結果を見てから、東京の「願書提出」をした方がいいです。

合格した学校の偏差値、合格した学校と、東京で合格した場合どっちに行くのか等考えてください。

埼玉も「合格」が取れるまで受け続けるのか?も考えなければなりません。

その後には千葉もあるので、そこも考慮してください。

後1年足らずです、がんばってください。