「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」を終えて新入学。

学校に通い始めて1週間。

「志望校」ではなく、いわゆる「行ってもいい学校」と思っていたところに通い始めて1週間が経ちました。

結論から言うと「いい学校」でした。

今は「ここでよかった」と思っています。

今では「芝」の「し」の字も出てくる事はなく、すっかり忘れています。

毎日忙しく、それどころじゃないという所もあります。

一番辛いのが、受験生の「夜型生活」から、電車通学の「朝型通学」になった事です。

たっぷり8時間睡眠をとっているはずなのになかなか起きられない。

これは春休みの間にもう少し練習しておくべきでした。

まだ通い始めて1週間ですが、もう担任の先生から電話がかかってきました。

学校からの電話にはドキッとします・・・

開口一番「何かしましたか?」と聞きました。

どうやら机の中を空にしておくべきところ、まだまだ使わない教科書までビッシリ詰め込んでいて、回収されたようです。

それ以外にも1人だけ体操服を忘れたり、制服のネクタイがちぎれて買い直したりもしました。

更に忘れ物をして学年主任の先生に探してもらったりと、既にマークされていると思います・・・

それでも温かい目で見てくださっているようで、今のところは何とか過ごせています。

変わり者の息子を「受け入れてくれる学校」を基準として探しましたが、間違っていなかったようです。

何より親として助かるのが「学費」が安かった。

6年間と考えるとバカにならない金額です。

6年あれば差額で「私立大学」の入学金くらい貯金できるかもしれません。

我が家に「芝」は分不相応だったのかな?と思いました。

芝は今年度から学費が値上がりしていたし、その学費を払って、海外研修までとなると厳しかったかな?

これまでの「縁」というものを考えると、こちらの学校に「ご縁」があったんだなと思います。

既に友だちもできて、「何としてもしっかりした女子を手に入れろ!」との母の教えも守り、LINE交換したようです。

宿題の事を聞いたり、持ち物の事を聞いたりするのには、男子じゃ当てになりません。

女子の力を借りねば。

勉強しなけらばならない仕組みも出来ている点も安心です。

これからが楽しみになってきました。

第一志望じゃなくても、合格した学校がご縁のある学校で、結果的に子どもにとって一番いいところだったのかもしれないなと思うようになりました。

こっちだったんだ。

これから受験される方は、とにかくたくさんの学校を見てください

きっと子どもに合ったいい学校がみつかるはずです。

がんばってください。

 

●学校の読書の時間に読む本をさがしていると、好きそうなものを発見!早速購入しました。放っておくと「電車の本」になってしまいます・・・

勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法

勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法

 

 

www.mikan-iroblog.com