「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」で漢字はどうする?こつこつできないんですが・・・

漢字は「1点だから捨てる」と言うお母さんもいるが。

漢字はこつこつやらないと覚えられない?

じゃあ、うちの息子は無理?

「花まる」の高濱先生も、「漢字だけは親がコツコツやらせてください。コツコツするというのも大事です。」とおっしゃっています。

が、うちはコツコツなんてできる訳がない。

コツコツ出来る子なら、きっと受験も合格していたでしょう。

実は小4の始めの頃既に「漢検4級」(中学生レベル)を取っています。

コツコツやってないけど、漢字は得意でした。(図鑑を読んだり、電車の本を読んだり、ちびまる子シリーズを読んだりしていたお陰かな?)

「花まる学習会」では「花漢」といって、漢字のテストがあります。(これも上手いこと子どもたちのやる気を起こさせる、よくできたしくみだと思います)

その中で90点以上取ると「特待合格証」がもらえます。

「特待合格証」は普通の「合格証」より一回り大きくて、子どもたちの憧れです。

それが欲しいがためにみんながんばります。

1年生の漢字は簡単なので、ずっと満点で「特待合格証」をもらっていました。

ところが「特待」を取ると「飛び級」というのができるので、どんどん飛ばして行くうちに、簡単には「特待」を取れなくなります。

少しは勉強せざるをえません。

それでもまだ簡単なので、満点ではありませんでしたが、ずっと「特待」は取っていました。

3年生最後の「花漢」で、止め、ハネ、はらいができておらず、とうとう「普通合格」になってしまいました。

自信満々で臨んだ「花漢」で「普通合格」を取ってしまい、一気にやる気を失いました。

次は、学校のクラスメイトとの競争が始まりました。

漢検」は小学校で申し込めば、放課後に教室で受験できました。

学年で誰が1番、高い級を取っているかの競争となりました。

しかし、こつこつなんて出来る子ではありません。

友だちに勝ちたい気持ちはあるけど、勉強する気はありません。

ちょっと「漢検」のテキストを「見る」くらいでした。

それでも運よくぎりぎりで「合格」するんですよね~。

だから更にやらない。

しかし「4級」ともなると、やらないで受かるなんて事はとても無理になってきました。

何といってもまだ4年生になったばかりですから。

試験日が近づいてきてもなかなか勉強できなかったので、「コツコツできない子にはテストで覚えさせるしかない!」と思い、「7日間完成! 漢検4級 書き込み式 直前対策ドリル」というのを購入しました。

中身をみると、とても7日で終わらせるのは無理なので、10日間くらいかけて終わらせました。

間違えた問題はコピーして、正解するまでやりました。

お陰で見事、漢検4級に「ギリギリ合格しました」。

受験の際、塾の先生が「テスト中にもどんどん成績が伸びる」とおっしゃっていました。

試験を受けるといのは「試験に慣れる練習」の意味だけではなく、問題を解いて、考えて、思い出して、という作業が記憶の定着となり、頭がよくなるようです。

今、ちょうど「メンタリストDaiGo」さんの「勉強法」の本を読んでいますが、同じような事が書いてありました。

実は私は「資格試験」に挑戦しているんですが、3回落ちています・・・。

「子どもに勉強しろ!」と偉そうにいいつつ、自分はとんでもない点数で不合格になっています・・・

しかもいつも「自信満々」で「絶対合格した!」と思っているのに、酷い点数で落ちています。

「点数の事」はもちろん、子どもには内緒です。

何度も繰り返して読む」のと、「1問1答のものを読む」と言う事をしていましたが、DaiGoさんの本によると何度も繰り返して読むと「読んだだけで覚えた気になる」のだそうです。

この事からもわかるように、「繰り返して読む」という作業にはあまり意味がなく、それより「問題をたくさん解く」という方が大事です。

考えて考えて、「あれなんだっけ?」と思いだす時に、記憶の定着が起こり、頭がよくなるようです。

ぎりぎりまで勉強しないのはともかくとして、どうやら「テスト形式」を繰り返しての漢字勉強というのは間違っていなかったようです。

高濱先生が「漢字だけはコツコツやらせる」というのは、「根気強さをつけるため」だと思います。

これから先、粘り強さがないと乗り越えられない事もたくさん出てくるはずですから。

勉強に関して言えば、テスト形式や、クイズ形式が効率的なようです。

限られた時間の中での勉強です。

有効に使ってください。

問題集ばかり解いていると飽きてくるので、少しでも飽きないように、いろんな教科を混ぜ込み解いてみてください。

「受験」で漢字は「1点」「2点」ですが、その1点、2点で合否を分ける事もあります。

まだ時間がある方は、書き取りよりも、たくさんの問題を解いてみてください。 

7日間完成!  漢検4級 書き込み式 直前対策ドリル 改訂版

7日間完成! 漢検4級 書き込み式 直前対策ドリル 改訂版

 
最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法