「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」6年生になっても途中で何度も諦めかけた・・・電車の高校もいいかも?

 

いつになっても全くやる気を見せない息子に「もう無理だ・・・」何度もと思った。

さすがに6年生ともなると、「少しは真剣に勉強するだろう。」と勝手に思っていた

5年生の春ごろ、芝の校長先生に「あと2年もあるぞ。たっぷり勉強できるな。」と言われ、6年になると「あと1年もあるぞ。がんばれ。」と言われていた。

なのにだ、塾でチラッと見かけた息子は、鉛筆を削りに行ったり、やたらと自学室から出てきて職員室にいる。

かといって「質問」をする訳でもなく、だらだらしている。

「塾にさえ行けば、勉強するんじゃないか?」という期待はあっさり裏切られ続けた。

塾自体も生徒が増え続けて、先生が不足していた。

低学年の頃に思い描いていた「面倒見のいいスクールFC」とは全く違っていて、自学室に先生がいない日も多かった。

私の期待が大きすぎた。

大手塾なんてこれが普通なんだろう。

おまけにうちの息子のようにやる気のない子たちが、「塾にさえ行けば先生が何とかしてくれるんじゃないか・・・」と親の期待を背負って来ている。

みんなやる気ないな~。(やる気はどうやらその学年によるらしい。)

やる気のある子たちが揃った場所では、相乗効果で「やるのが当たり前」となり、一緒にがんばって、合格を目指す!というところもあると聞いた。

近所の塾だがそれで合格したと喜んでいたお母さんがいた。

羨ましかった・・・

密かに転塾も考えた。

もっと厳しいところに行かせないとダメかも・・・」と。

でも、どこの塾に行こうが、本人のやる気がなかったら同じだと思う。

 

息子は「塾に行った」だけで、勉強をした気になっていた。

実際は、集中していないので、ほとんどやっていないも同然だった。

今まではやらなくてもある程度の成績は取れいていたが、周りがみんなやり出したら、順位は下がっていった。

同じ点数が取れても、偏差値は下がってくる。

先生たちは「本人が気が付かないと無理ですよ。」と言うばかり。

「一体いつ気が付くんだよ!!」思った。

結局、気が付いたのは2月1日の試験に落ちてからだったので、余りにも遅かった・・・

何度も考えたのが「電車好き」なんだから、電車の学校に進んで、いっその事「鉄道の道」に進めばいいんじゃないか?という事。

池袋の「昭和鉄道高校」や、上野の岩倉高校に行くのもいいのかも・・・と思い始めた。

それを先生に言うと、そこに行ってしまえばもう「電車の道」に進むしかなくなるから、可能性を広げるために受験するよう勧められた。

「電車への道」は後からでも選択できるという事だ。

子どものやる気のなさに親は苦しめられる。

子どもをそれで責めると更にやる気をそぎ、逆効果となってしまう・・・

何て難しいだろう・・・

子どもに対する声掛けの言葉は人それぞれだと思う。

早めに行きたい学校を見つけて、そこに行くにはどうすればいいか?を具体的に考えられる子はがんばれると思う。

どうすれば子どもがやるのか?は親が本当に悩むところだ。

先生からもらったアドバイスとしては、うちの子に関しては危機感を煽るだったが、別の子にはやる気がなくならないよう、褒め続けてくださいというものだったりもした。

ただ、秋以降になるとうちの子ですら「褒め続けてください」と変わった。

最後は褒めるしかないようだ。

これは「合不合判定テスト」の際の説明会で四谷大塚の先生もおっしゃっていた。

秋まではその子に合った言葉掛けをし、秋以降は褒めちぎるが一般的なようだ。

 

↓これは面白いし、役に立つ。

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

 

↓これは、電車の中でクイズ形式にして親子でやった。自分で出来な子は親がやるしかないのだ・・・

社会メモリーチェック2018年資料増補版 (チェックシリーズ)
 
理科メモリーチェック (日能研ブックス)

理科メモリーチェック (日能研ブックス)