「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

お医者さんとの世間話。頭のいい親はやっぱり子どもに教えていた。英語は失敗。

「英語、どうしたらいいですか?」と世間話で聞いてみた。

中学に入り、授業はそこそこ付いて行けているようだ。

だた「英語」だけは苦戦中。

実は習い事大好き母だった私は「英語もできないと!」と思い、耳がいいとされる6歳までに英語を習わせた

「MLS」という劇仕立ての発表会がある英会話教室で、講師はネイティブな外国人たちだった。

ただ先生によっては当たり外れがあり、他の習い事との兼ね合いで生徒3人に対して、先生1人という不人気クラスに入ったが、先生が暗過ぎて嫌になり、何とか調整して、明るい先生のところに入った。

今思えば息子は「英語」に興味がなかったんだろうと思う。

今ままでもそうだったが、宿題を一切やらないまま授業に参加し、クイズのようなものを出されても、やってきてないし、興味もないので覚えておらず答えられなかった。

そこで「マイナスポイント!!」と言われ続けて、とうとう「英語」が大嫌いになってしまった・・・

早くから、興味もないのに「英語」を習わせた事は大失敗だった。

習ってさえいなければ「大嫌い」になる事はなかった。

ここにきて英語は「マイナス」からのスタートとなり、今大苦戦中だ。

いかに「負」の言葉掛けが子どもに悪影響を与えるかのいい例になってしまった。

 

今日、お医者さんと世間話になり「英語どうしたらいいですかね~」なんて聞いてみたら「長文暗記」ですよと言われた。

同じ事を職場の他のママにも言われた。

それである程度の成績は取れるらしい。

ただ今回は「英語」の話ではなく、そのお医者さんの娘さんが息子と同じ中一で既に中3までの数学を先生自身が教えている事を聞いて驚いた。

中学の3年間で高3までの数学を終えて、高校の3年間で「標準問題」を3000問覚えるそうだ。

「基礎問題」は出来て当たり前で、「標準問題」が大事だと教えてもらった。

普通の私立では高2で高3までを教わり、高3の1年間で受験勉強となるのに、中3で全部終えるのか・・・

公立だと高3では高3の勉強をするので、大学受験に掛けられる時間が少ないため、公立は4年間高校に行くつもりで・・・と浪人になる。

やっぱり頭のいい親は、子どもに勉強教えてるんだな~と思った。

先生は「いい数学教師」との出会いがあり、数学が大好きになったそうだ。

高濱先生も小5~中2でいかにいい数学の先生に出会えるかが大きいとおっしゃっていた。

だから「栄光学園」の井本先生に教わる事が出来る子たちはラッキーなんだと思う。

勉強しとけばよかった・・・大人になって何度思った事だろう。

ただその「3000問暗記」という方法で「大学入試改革」に付いて行けるのかな?とは思った。

私じゃ無理なので、うちは「学校にお任せ」しようと思う。

面倒見のいい「私立」に入れれば、親がここまでしなくても大丈夫かもしれない。

 

●おおたとしまささんの本「いま、ここで輝く。」がやっと発売になりました。

私は人にあげるため2冊目を購入しました。

いま、ここで輝く。 ~超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡の教室

いま、ここで輝く。 ~超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡の教室

 

 

 

www.mikan-iroblog.com

 
www.mikan-iroblog.com