「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」通塾の電車の中。

1人しておくと、延々と電車を見ている。

「鉄オタ」の息子は1人で塾に行かせると、勝手に違う電車に乗って、普段とは違うルートから塾に行こうとする。

電車の中では「車内放送」や「電車の走行音」「ドアがしまる音」等のモノマネをずっとしている。

時間がもったいない!!

1人で集中できる子がうらやましい・・・

仕方がないので、一緒に通塾した。

「社会」や「理科」の暗記科目をクイズにして読みあげて答えさせた。

全くやる気が感じられなかった・・・

 

「スクールFC」4年生では社会と理科で「カルタ」があった。

「ネギの生産日本2位!」等と、受験問題に出るので覚えなければいけない内容が「カルタ」となっていた。

よくできていると思う。

負けず嫌いの男子には効果てき面だ。

このカルタの内容を、そのまま読んで出してみたり、「ポケ出る」を使って出してみたり、「歴史年号」は自作のカードを用意した。

しかし、4年生の時の「カルタ」とは違って競争ではないので全然覚えない・・・

仕方ないので、間違えると「罰金制度」にした

子育ての本ではポジティブな声掛けがいいとされている。

例えば「宿題終わらせないとおやつあげないよ」ではなく、「宿題が終わったらおやつ食べていいよ」と肯定する言葉を使うのだ。

それなのにうちは「罰金制度・・・」

ダメだな~。

息子はお金も大好きなので「払いたくない!」という気持ちが働き、ちょっとだけがんばった。

ここはその子にあった方法を使ってもらいたい。

悲しい事に、親がここまで手伝わないといけない子もいる。

そしてこういう風に育ててしまったのは私だ・・・

 

小さい頃に「できた!!」というできちゃった体験をもっと積ませればよかった。

問題を解くまでの速さやまるバツにこだわらず、自分で考えて答えを導き出す喜びに焦点を当てるべきだった・・・

まだ小さいお子さんをお持ちのお母さんは、答えを出すスピードや、まるバツにこだわらず、間違えては「何で?」と考える事を楽しめる子に育ててください。

自分で考え抜いてきた子は、見張ってなくても自分で勉強ができます

がんばってください。

 

↓ スクールFC「理科」担当の川幡先生の本。理科カルタはこの先生が作ってます。 

  緻密に描かれた「絵」がとっても魅力的!

カワハタ先生の動物の不思議 どこがおなじでどこがちがうの? (花まる学習会の本)

カワハタ先生の動物の不思議 どこがおなじでどこがちがうの? (花まる学習会の本)

 
算数嫌いな子が好きになる本 小学校6年分のつまずきと教え方がわかる

算数嫌いな子が好きになる本 小学校6年分のつまずきと教え方がわかる