「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」とはあんまり関係ないが、「探究学舎」の算数の先生の講演会に行った。

「花まる学習会」の高濱先生と「探究学舎」の宝槻先生の対談もあったようだ。

以前ブログでおもしろそうな塾を見つけたと書いた「探究学舎」。

おもしろそうだと思ったら、高濱先生と宝槻先生が対談されていた。

「探究学舎」さんの企画なので、知らなかったし入れなかった。

そのうち「高濱正伸オンラインサロン」で見られるらしいので、楽しみにしたい。

 

この「探究学舎」の算数の「タカタ先生」の講演会があった。

もう1人は横山明日希先生という先生で、お二人とも「日本お笑い数学教会の会長と副会長」らしい。

 

↓ 受験にも関係ありそうな動画があった。

www.youtube.com

 

最初寄席のような出囃子で登場したお二人。

お笑い好きの私はワクワクした。

授業と言うよりネタだった。

その中で、問題が配られみんなでやる羽目に・・・

まず最初は1~9までの数字カードを使って「魔方陣というものを作る。

9枚のカードで縦横斜め、全て合計が同じ数になるように並べるものだった。

算数、数学、というだけで「めんどくさっ」と思ってしまう自分がいる。

これが植え付けられた苦手意識なのだろう。

考える事を拒否してしまうが、参加したからには仕方がないのでやった。

考えてる時はちょっとは楽しいのだが、常にめんどくさい!!と思っている。

それでもがんばって解いてみた。

小学生用なので一応全部解けた。

息子ならあっという間に全部解いてしまうだろう。

そういえば小学生の頃は算数が好きだったな~。

数学になってい嫌いになった。

この辺りは息子の方が百倍くらいできるので、いつもバカにされている。

苦手意識というのは恐ろしいもので、そうなってしまうと取り返すのは難しい。

高濱先生がいつも「苦手意識」は母親のちょっとした一言で決まってしまうので、言葉の持つ恐ろしさを自覚して欲しいとおっしゃっている。

私もどこかで植え付けられたのかな?

 

お二人の授業は楽しかった。

小さい頃こんな先生に教わったら、みんな「算数」好きになったかもしれない。

これからは先生からの一方通行の授業ではなく、こんな風に子ども達が楽しんで、自ら学ぼうとする授業が増えて行くといいな・・・と思う。

学校の勉強が、みんなが楽しいと思えるものになって欲しいな~。

 

www.mikan-iroblog.com