「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。子育てシンポジウムで学んだ「学校選び」子どもに合った学校、どう選ぶ?

選ぶ選択もあれば、選ばない選択もある。

●まずはたくさんの学校を見る事。←思いもよらない学校が子どもに合う場合もある。たくさん見て行くと「大発見」があるかもしれない。

 

●自分の子どもに合った学校を探す事。←自分の子どもの特徴を鑑みて判断する。

 

●自分の子どもがその学校に通った姿を想像してみる。←しっくりくるかどうか考えてみる。

 

●実際に通っている生徒の様子を見る。←楽しそうにしているのか等、目の輝きを確認してみる。

 

●笑顔が溢れているかどうか?←学校を楽しいと感じている子がたくさんいるかどうか。

 

●先生の目線は子どもたちに向いているのか?←大事な我が子を預ける場所。先生が違うところを向いている所には預けたくない。

 

●私立学校には学校ごとにたくさんの特色があるが、「学校説明会」という限られた時間の中で、そのその学校が何を選んで話したかを知ることが大事。←その学校が何を大切にしているかを知る機会となる。つまりはその学校の「ウリ」

 

●できれば登下校の様子を見る。←我が家は6年生の時、振り替え休日に、登校時刻に合わせて「芝中」「栄光学園」に実際に行ってみた。みんな遠くから通っているので、結構遅刻している子が多かった。その中でも焦って走っている子もいれば、のんびり余裕で歩いている子もいた。

 

●電車の混み具合、学校までの様子を確認しておく。←学校説明会はだいたい土日に多いので、平日の通学時間帯の様子を確認しておいた方がいい。

 

●自分の子どもを安心、安全に預けられる場所かどうか?←学校の周りを見たり、安心、安全が守られているかどうかは確認しておく。

 

●親の教育理念に合っているのかどうか?←中学受験は親の受験。まだまだ子どもが学校を選ぶのは難しいので、どういう子に育って欲しいのかを考えて、その考えに合っている学校を探す。

 

●できれば通っている子ども達に直接質問してみる。←先生たちが把握していない情報を得る事ができたりする。基本子どもたちは正直なので、いろいろ知れる。

 

●男子校、女子校、共学校、大学付属校、それぞれの特色を考えて選んでみる。←自分の子どもはどこに所属すれば伸びるのかを考えてみる。

 

●自分の子どもがどこの学校行けば伸びて行くかを考える。←偏差値にとらわれず、子どもの成長に焦点をあてる。

 

●子どもがどこまで自己決定したかが大事。←例え親が決めたとしても、子ども自身が決めたと思うようにする事が大事。でないとがんばれないし、言い訳したりする事になる。

 

注意する事・・・・

「学校」に行く時に、親がイライラした状態のまま、一緒に学校に行くだけで、子どもは「何だかこの学校嫌だな」と思ってしまう事がある。

その反対に、帰りにちょっと「おいしいもの」を食べただけで、「いい学校だったな~」と思ったりもする。

それを上手く利用できるといいな~と思った。

 

「感覚的にここは違うな?」と思った時は、入ってから後悔しないためには選ばないという選択肢もある

この日シンポジウムにみえていた先生の中に、お子さんを受験させた方がいて、2つの「塾」に合格したが、子どもにどっちの塾がいいか?尋ねた時、「こっちのイスの方がよかったからこっち」という選び方をしたと伺った。

子どもってこんな事で左右されるのだ。

ちょっとしたきっかけで学校が好きになったり、嫌いになったりする。

親は自分の「理念に合った学校」をいかに我が子に好きにさせるかの「勝負」がかかっていると思う。

がんばってください。

 

 

www.mikan-iroblog.com