「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。夏休みに向けて、後悔のないようにどう過ごす?

天王山の6年生の夏。

夏休み前には、受験に向けて全ての勉強が終わる。

後は、これまで出来なかった事、苦手としてきた事を如何に潰していけるかだ。

我が家も去年、目いっぱい「夏期講習」に通い、塾が開いている時間は常に自学室で勉強させていた。

恐らく、自学室に来ていない子たちは、自宅学習か、別の塾、家庭教師、個別塾に通っていたのだろう。

この頃に「個別」を足しておけばよかったと今では思う。

今にして思えば、塾に行ってるというだけで、親も子も安心していた

だが、自学室にいるからといって勉強してるかどうかは疑問だ。

ある日見かけた息子のバッグの中には、事細かに書かれた手作りの「日本地図」が入っていた。

どうやら何時間も掛けて制作していたようだ。

地理は得意なので、今更それを勉強する必要はない。

社会の先生に「社会の勉強やってくれるのはうれしいけど、お前のは算数から逃げるための社会やからな~」と言われていた。

その通りだと思う。

私はそれを見て「こんな事してる時間あるの?」とだけ言って、そのまま見過ごした。

これまで、どれだけの時間を無駄にしたのだろう?

まだ子どもだ、そうそう自分から勉強できる子なんていない。

 

 ↓ 夏休みには時間があるので、別解を学ぶのも面白いかもしれない。

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

 
中学入試 理科 塾技100 (中学入試 塾技)

中学入試 理科 塾技100 (中学入試 塾技)

 

 

トップ校に通う女の子に、どうやって勉強してきたの?と聞いてみた。

「やってきたっていうか、やらされてきたんだけどね。旅行に行っても、飛行機の中でテキストやらされたし、母が用事がある時もホテルで勉強だった」と教えてくれた。

トップ校に入るには、そのくらいやらないとダメなのだ。

ただ、その子は辛そうではなく、それを当たり前として受け止めていた

女子でさえ、母に勉強させられているのに、男子がほっておいてやる訳がなかった。

甘かったな~と思う。

夏休みも長いようで、あっという間に終わってしまう。

ここは塾任せにせず、親が介入して、計画だけはたてた方が得策だと思う。

ここまでは絶対やろうね、これは終わらせておこう等。

「花まる」の高濱先生も、夏休み頃までに自立出来た子が受験には向いているが、「スケジュール管理だけは親がやってあげてください」とおっしゃっていた。

ただ詰め込み過ぎると子どもがもたないので、余裕をもった計画であってもらいたい。

それを1つ1つこなせると、秋から始まる「学校選択」がかかった模試にも臨みやすくなると思う。

がんばってください。