「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。「ちゃんと勉強させてくれる学校」を選ぼう・・・男子校2校、女子校2校が紹介されていた。

こんな記事を見つけた。これで安心してはいけないが。

www.yomiuri.co.jp

 

ここには「自ら進んで勉強する子は300人に1、2人の現実」と書かれていた。

「みんなやらないんだ~」とちょっと安心した。

いや、安心している場合ではない。

 

そんな中、オススメの学校4校が載っていた。

参考にしてもらいたい。

 

www.koen-ejh.ed.jp

jhs.kokagakuen.ac.jp

www.sugamo.ed.jp

www.johoku.ac.jp

 

 

 

先日、「世田谷学園」の社会科「中村先生」の講演会に参加した。

www.schoolnetwork.jp

 

話がおもしろくて引き込まれる感じ。

これなら「生徒たち」も聞き入るだろう。

全く知らなかったが「世田谷学園」は仏教の学校だった。

社会だけに限らず、勉強は「興味を持つ」事が大事だとおっしゃった。

「子午線」は何故「子午線」と言うのか?

「信号の色は緑」なのに何故「あお」と言うのか?等、おもしろい話が聞けた。

世田谷学園では「いかに生徒たちが興味を持って学べるようになるのか、おもしろい授業ができるのか」という事を考えいるとおっしゃった。

私が息子の「世界史」の成績が悪かったと相談に伺うと「先生との相性が悪い」との答えが返ってきた。

「おもしろくないから勉強しない」という事らしい。

恐らく、世田谷学園では「生徒がおもしろいと感じる授業ができる」という自信があるのだろう。

先生ご自身も、数学が大好きだったが、大嫌いな先生に当たり、数学嫌いになり、逆に全く興味がなかったが、素晴らしい社会科の先生に出会い、社会好きになられたそうだ。

思春期のこの時期、先生の存在は大きい。

 

 

↓ きちんと読めてるかを見るため、国語は「大問」1問だけだとおっしゃっていた。

82世田谷学園中学校 2020年度用 3年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

82世田谷学園中学校 2020年度用 3年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

 

 

 

 

以前にも書いたが、「中高一貫校」6年間で本当に子どもの学力を伸ばして「難関国立大に」に入れた学校ランキングで1位になったのが、この「世田谷学園」だ。

diamond.jp

 

中村先生も、スクールFCの狩野先生と同じく「常に疑問を持つ事が大事だ」「現物を見るという事が大事だ」とおっしゃっていた。

 

私は「ホリエモン」が嫌いだったが、実際に見て話を聞くと「なるほど、そういう理由があるのね。」と納得がいき、好きになった。

この事で、自分の目で耳で実際に確認するって大事だな~と感じた。

 

どうか、お父さん、お母さんはお子さんに「本物」を見せる機会をたくさん与えてあげてください。

自然の中、山や海、虫や植物、風を感じ、匂いを感じる。

美術館、博物館でもいい。

どうか本物を。

経験は全て必ず役に立ちます。