「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。勉強不足でごめんなさい・・・塾のテキストが変わっていました。「母親の狂気」という言葉。

今までより半年早く、全単元が終わっていた・・・

今年度、第2回目の「子育てシンポジウム」に参加した。

最初の「基調講演」、伊藤潤先生のお話で愕然とした・・・

スクールFCでは「四谷大塚」のテキストを使っているのだが、今までは6年生の夏休み前に全ての単元を終えていたのだが、サピックスと同じ、5年生が終わる1月で全ての単元が終了するようになっていた

半年も早まっていたのだ。

 

今まで「塾」+「個別」をオススメしてきたが、やはり夏休みより前、6年生になった頃に始めるのがいいのかもしれない。

 

伊藤先生の「講演会」1行目が、今話題の受験マンガ、「二月の勝者」の冒頭が紹介されていた。

 

「君たちが合格できたのは父親の経済力と、母親の狂気」 というものだが、母親の気狂気という言葉が恐ろしい。

 

 

↓ 先日、ママたちのミーティングでも話題になっていたので、私も気になって買ってみた。

 

現在、受験者数はどんどん増えており、更に単元の進度が半年短くなった分、3倍のスピードで進んでいくというお話だった。

通常、学校で2ヶ月くらいかけて学ぶ算数、数学が、たった1回の授業でで進んでいくというもの。

この為、今では「低学年から母親のサポートなしでは中学受験はできない」という風にまでなってきているらしい。

これがそのまま「母親の狂気」という言葉に繋がっている。

サピックスは元々、この進度だったが、それも最初から親が見るというのが前提だった。

通っていた人に聞くのは、大量に渡される「宿題」。

それを「親が見て」やらせなければならない。

親が見なければならないので「何のための授業料なんだろう?と思う・・・」という言葉も聞いたし、途中でサピを辞めた人は「あれだけやったら、そりゃどこでも受かるわ」と言っていた。

サピックスが1人勝ちなのも、母親のサポートあってこそなのだ。

そこを耐え抜いた親子が合格を勝ち取るのも納得できる

うちは親子ともに無理だ・・・

 

合格方程式=(先取り学習・大量パターン学習・競争主義)の確立となり、それが過当競争に繋がっているとの指摘だった。

中学受験は一歩足を踏み入れたら、恐ろしい世界に巻き込まれるのだ。

 

そこで、合格だけが全てになってしまうと、「100 or 0」となり大変危険だとおっしゃった。

大切なのは「第2志望」。

第1位志望は、簡単に見つけられるが、第2志望はなかなか難しかったりもする。

中学受験では.努力が報われな事もあるというのを知り、リスクヘッジとして冷静に「第2志望」を考えなければならないとの事。

伊藤先生は、「第一志望校」不合格でも、親が認めてやれば、子どもは必ず立ちあがるとおっしゃった。

偏差値だけを見たり、人と比較するのではなく、我が子だけを見る事が大事。

 

私にも耳が痛い言葉が続いた。

落ちた時、子どもと一緒に自分もとことん落ち込んで、「もうダメだ・・・」と嘆き、子どもにも「何で落ちたの!サボってたからでしょ」等と、励ますどころが、ひどい言葉で攻め立てた。

「落ちたとき」を想定しきれていなかった。

これは、「第一志望に合格しなければ意味がない」という考えそのものだ。

私が間違っていたのは明らかで、サボっていた訳ではないし、彼なりに努力もしていた。

そこを認めてやれず、落ちたら終わりだと思った・・・子どもには申し訳ない事をした。

 

「中学受験」の倍率は平均で3倍という事だ。

3人に2人は落ちるのだ。

親としてそこは冷静に考えておかなければいけなかった。

どうか、第一志望だけではなく、「我が子が通って伸びる学校」と思える学校をたくさん探してあげてください。

 

伊藤先生のお話は、いつも心打たれる。

加熱する「中学受験」に危機感を覚え、ブレる事なく、スクールFCの理念通り、子どもが主役の受験、落ちた時も「この子はよくがんばった」と思える受験を目指してくださっていた。

 

「努力は報われるまで努力するものだよ」とメッシが言ってたよ。という生徒の話もしてくださった。

「中学受験」って親も子も大変です。

合格して通う学校が「縁」のある学校です。

どうか、がんばってください。