「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。過去問が始まったが、結局わかったつもりだった・・・

初めての「過去問」には愕然とした・・・

「過去問」は全ての単元を終えてから・・・という事で、6年生の9月から始まった。

第一志望校が「芝」だったので、もちろん芝の過去問から始めた。

結果は惨憺たるものだった。

こんなんで「芝」受験できるの?というような点数だった。

塾の先生は「最初はこんなもんですよ。」とおっしゃっていた。

 

過去問は「志望校数校」を過去3年分遡って、古いものから順番にやれと言われた。

(一番上のシグマクラスでは過去5年分だった。ここでもシグマとAクラスでは差があった。勉強量が圧倒的に違った。シグマに入れて欲しかった・・・)

うちはまた先生を無視して「芝」しかやらなかった。

「芝」を完璧にしてやろう!!と思っていた。

5~6回に1回くらいは、受験するであろう別の学校もやってみた。

 

「過去問」が始まると親はスーパーやコンビニの「コピー機」を占領する事となる。

1時間、2時間当たり前にコピー機の前にいる。

途中何度もお店の人に用紙を足してもらわなければならない。

結構つらい作業だ。

足も痛い。

他人の視線も気になるし、他の人が来たら一旦譲って、また再開する。

私は、お年寄りのコピーを変わりに何度かやってあげた。

その方が早いから。

解答用紙は教科ごとに倍率が違うのでいちいちめんどくさい。

気を付けなきゃならないのは、量が多いので、10円コピーに行くと高くつく。

私は100円ローソンか、スーパーの5円コピーに行っていた。

100枚で500円も違ってくる。

1000枚だと5000円だ。

1000枚以上はコピーする。

学校1校に付き、3年分やっても1時間以上かかる。

それを数校分やらなければならない。

冬だし、寒いし、足も痛いし、みんな見るし、コピー機壊すし、大変だった。

「過去問」コピーはは覚悟しておいてください。

 

過去問を解いて、間違えたところをもう1度解き直す。

わからなければ「解説」を読んで解く。

この繰り返しだが、結局「解説」を読んで、納得して、分かったつもりになっていただけだった

答えの説明ができなかった。

おまけに「芝」の過去問をやり過ぎて、もう答えを覚えてるんじゃないか?というくらいになっていた

「芝」の5年分くらい、合格者最高点を超えるくらいになってしまった。

 

 

「志望校」の過去問を何回も解くのはいいらしい。

それは何度も解いているうちに、自分で傾向が分かってくるからだ。

ただ、本当にやり過ぎた。

2月1日に落ちた時、「芝」の2回目の4日に向けて勉強するのだが、初見でないと意味がなくなり、かなり古い問題を解く事になった。

それも、合格者平均より取れたんだけどな~・・・

 

因みに「個別」でも「芝」の過去問を解いて教えてもらっていたのだが、教室長が「過去問古いのからやってるんですか?2度と出ない問題古いのからやってどうするんですか?頭悪すぎる。新しいのからやって、今の傾向知る方が大事でしょ。」(←関西弁で。)と言われた。

私もそう思う。

今はどの塾でも「過去問」は新しいものからするというのが普通らしい。

「過去問」は授業でするわけではなく、それぞれ個人でやるので、古いの、新しいの、どっちがいいのかは親が判断すればいいと思う。

授業では見てくれないが、解答と一緒に丸付けした答案を出すと、先生がコメントを付けて返してくれた。

ただ、全生徒分のスゴイ量の答案なので、なかなか返ってこない。

先生方はずっと、自宅にまで持ち帰り、答案チェックをしてくれた。

ありがたいんだけど、次々溜まって行くので、返ってくるのが遅くて間に合わなかった。

その点「個別」はその場で聞ける

やっぱり、「塾」と「個別」、両方行くのをオススメしたい