「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。過去問で思ったように点数が取れなかった。

始めてやった「芝」の過去問・・・びっくりする程ひどかった。

6年生の夏期講習が終わり、夏休み後半、1週間塾がお休みだった。

そろそろ「過去問」を始めようと思っていたので、試しに3年前の「芝」の1回目(芝は1日に1回目、4日に2回目があります。)をやってみた。

時間を計り、よーいスタート。

まず、家でやるというのがいけなかった。

気持ちもゆるゆる、緊張感なんて全くなかった。

自宅で「過去問」はあまりオススメできない。

「過去問」をする場所だが、うちはほとんど塾の「自学室」でやっていたが、図書館や、公園、児童館など公共の場所がいいらしい。

どんな環境にも対応できるようにしておくのが大事だそうだ。

例えば試験当日、学校の外で工事があって、少し騒がしい環境等あるかもしれないのだ。

どんな状況でも集中できなければならない。

「過去問」は始めてだったので、私が採点したが、途中で怒りが込み上げてきたのを覚えている。

「これ何!!」

こんなんで「合格」なんて出来る訳ない・・・と思った。

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

9月の段階で、過去問の点数が振るわなくても、そこから挽回する事は可能だ。

ここから上がって行く子の方が多いと感じる。

最初ダメでもしっかり「合格」を勝ち取ってる子も多い。

しかし、この9月の段階で「過去問」を始めて、最初から「合格者平均」を超えてくる子もいる。

夏休みに、苦手を克服し、がんばった子たちは、この地点で「合格ライン」に達していた。

ただ、それを2月まで維持するのが大変だ。

モチベーションを下げる事なく、淡々と勉強しなければならない。

ここで「合格ライン」を超えたと油断したら落ちていく

夏休み明け以降は、間違いなく本気の子たちが増える。

がんばっても、がんばってもなかなk思うように成績は上がらない

みんなががんばり始めるからだ。

 

 

過去問で「合格ライン」に届かなかった子は、ここから1つずつ上げて行くしかない。

教科ごとに弱い部分を見極めて、潰して行く作業となる。

私は答案を見ただけで、イラッとするし、判断が難しかったので、「ここをこういう間違え方をしてるんですけど、どうして行けばいいでしょうか?」と教科ごとに先生方に聞きに行った。

あと、「個別」の教室長に合不合判定のテスト結果を持って行くと、「この単元が弱いので強化して行きましょう。」とアドバイスしてくれ、冬期講習で弱い部分を集中して学ぶ事が出来た。

 

 

年末になってもまだ「過去問」でうっかりミスというものをしていた息子。

先生に言われたのは、答案を全部チェックし直して、うっかりミスや、ここは取れたというものを洗い出して行き、その点数を加算した結果を出した。

そうすると余裕で合格ラインになるのだ・・・

本番でミスをしない為には、どこまで「集中」できるかの勝負だと言われた。

勉強をやりつくしたら最後は、気持ちの勝負となる。

 

秋以降、親はひたすら子どもを褒めつつ、迫ってくる本番に焦り、心が苦しくなってくる。

親ばっかりが焦って、緊張感のない我が子を見るとイライラする。

どこも同じだと思って、乗り越えて欲しい。