「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。私立の先生が語る「私立」の魅力。学校選びのポイント。

中高一貫校」6年間で本当に子どもの学力を伸ばして「GMARCH」に入れた学校ランキング。

 

 

先日、2回目の「子育てシンポジウム」に参加した。

先生方に、私立の魅力について伺った。

 

 

↓ こんな記事が出ていた。中学偏差値30~40台から人気私大へ。

diamond.jp

 

 

 

男子校の魅力としては、やはり「女子の目」がない事により、伸び伸び過ごせるという事が大きい。

共学の魅力は、男女の性差により、お互いが刺激し合える環境というところ。

女子校も女子に合った教育を考え進められるところがいい。

付属校の良さは、大学受験がない分、中学受験で我慢してきた自分の「やりたい事」に時間を割ける。

 

 

「公立」というのは、全体の「教育」を上げる。

どこに引っ越しても、どこに行っても、同じ教育が受けられるという風になっている。

それに対し「私立」は「建学の精神」の下それに共感した先生たちが集まり、異動も少ない。

自ら掲げた「教育理念」の基に、カリキュラムを組み立てる事ができ、教材も選べる。

その学校がこれから先の未来に何を目指し、何を見ているのかを親が読む必要があるとおっしゃった。

大学付属校での注意点は、どのくらい大学と連携しているか?の確認だ。

内部進学率が何%を知っておく。

 

学校選びで、親が見るのはこの「建学の精神」だろう。

我が子をどのように育てたいかで、学校を選ぶ。

できれば、説明会だけではなく、授業を見るという事を勧められていた。

1~2年生を見て、5~6年生を見て、どれだけ成長したかを見たり、子どもたちの授業中の様子を見て、楽しんで授業を受けているか?、授業内容はどうか?等を見る。

子どもを連れていくなら「学園祭」で、生徒たちの「素」の様子を見せる。

「こんなお兄ちゃんになりたい」が「受験」のモチベーションとなる

 

子どもは感性で学校を選ぶ。

学食がおいしかった、このクラブに入りたい!等。

そこで親は子どもに「この学校に行きたい!」と思わせる仕掛けが必要だとお話された。

例えば「遠くの学校」の場合は、先に「もっと遠くの学校」に連れて行ってから、「あそこより近いね」等といった具合だ。

そこはそれぞれのご家庭で工夫してもらいたい。

 

「お子さんと一緒に生徒に話しかけてください」とう事もおっしゃった。

生徒の雰囲気を見て、自分がそこに居られるかどうかがイメージできるかどうか

 

学校見学の際、気を付けてもらいたいのが「女子」はちょっとした親の一言で、親に気を使い「親が気に入らないなら、ここやめようかな」と考えるようなので、決して不満点を口にしないようにしなければならない。

他には「学校に入って楽しい」と感じるのは、やはり「友だち関係」が重要で、決して偏差値ではないというお話もあった。

注意点としては、HPや記事などでできた「イメージ」はとても危ういので、実際に学校に行き、空気感を味わう事が大事だとも教わった。

 

個人的に印象に残ったのが「鴎友学園」のきめ細やかな対応だ。

生徒に対して、ここまで理解し、ここまで先生方が深く考えて指導にあたってくださるのか・・・と感動した。

この時期の女子には「いわれなき不安」があるとおっしゃった。

その心の動きに対して、少しずつ成長できるよう指導してくださる。

女子のお母さんたちは是非「鴎友学園」の説明会に行ってもらいたいと思った。

 

 

www.mikan-iroblog.com