「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。説明会だけではわからない「怖い話」・・・実際に通っている人の話が凄く大事!

せっかく受験して「中高一貫校」に入ったのに・・・

現在高校生の男子と話す機会があった。

「どこの高校行ってるの?」と聞くと、何と「通信教育」だった。

この前のホリエモン高濱先生の対談の時の話し通り、もう今や普通に学校に行くのではなく、「通信教育」の方が主流になり始めているのか?と思った。

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

高濱先生が「常識」なんて、ひっくり返る、その内、「まだ学校なんて行ってるの?」という時代になるかもしれないとおっしゃっていた。

 

 

その子は、よくよく聞いてみると、お父さんがお医者様で、将来は「医者」になりたいとの事。

更に聞くと、「中学受験」して入った学校で不登校になり、高校で出てしまったそうだ。

学校が嫌いになった理由は、ズバリ「学級崩壊していたから」

私立なのに学級崩壊なんて、高いお金を払って行く意味がない。

しかも学校名を聞くと、私も見学に行った学校で、好印象だった。

「え~、先生の感じも良かったし、生徒さんも優しい感じがしたよ」と言うとその子は「学年によります。」と言った。

いい学年もあれば、ダメな学年もあり、ダメな学年に当たってしまった彼は、学校の理不尽さに耐えられなくなり、高校で学校を出た。

せっかく「中学受験」して入った学校なので、辞めるのはかなり迷ったそうだ。

それでも辞めた。

今は楽しいと言っていた。

今の世の中、いろんな選択肢が増えてよかったと思う

笑顔が素敵な優しい子なので、高濱先生のおっしゃる「人間力」はある。

いいお医者様になって欲しいな・・・

 

それにしても私は「その学校」で何を見てきたんだろう?と思った。

「好印象」の仕組みは「説明会」等に登場する生徒たちは先生が選んだ生徒と言う事だった

例えお手伝いに立候補しても、保護者に悪い印象を与えそうな生徒は、先生から却下されるのだ。

学校説明会では先生が選んだ「印象のいい生徒」だけを集めて、保護者に披露するのだ。

それじゃあ、保護者は騙されてもしょうがない。

 

学校の中身の話しも酷くて、授業中騒いでいる生徒がいても気の弱い先生は何もできずにいて、怖い先生だと静か。

先生が生徒を制御できないのだ。

私立には「いい先生」「いい教育」を求めて、みんなが遊んでいるときにがんばって勉強して、受験して入るのに、先生の質が悪いんじゃ泣けてくる

他の生徒の邪魔になる子をそのまま放置するなんてあり得ない。

それで心を病んで、真面目な生徒が割を食うなんておかしな話だと思う。

指導力のない先生は本当に困る。

 

どんな学校かを見極めるには、やっぱり「実際に通っている生徒」に聞くしか手はないのだと思う。

彼の学年では、中高一貫校にも関わらず、高校入学時、数十人単位で学校を出たそうだ。

そんな学校行きたくないし、息子に行かせたくない。

「学校を辞める」時の親子ともの気持ちを考えると胸が苦しくなる。

騙された・・・という思いだろう。

失望しただろう・・・

 

 

先日のスクールFC「子育てシンポジウム」に参加されていた先生方は「どんどん生徒に話を聞いてください」とおっしゃった。

こう言える学校は「自信」があるのだろう。

恐らく大丈夫な学校だと思う。

私が見た「シンポジウム」参加校は、栄光学園鴎友学園、栄東、聖学院、広尾学園、明大付属中野、開智、青山学院、吉祥女子だ。

ここの先生方は「生徒にどんどん話しかけてください。」とおっしゃっていた。

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

 

明大付属中野の先生が「HP、記事等で出来たイメージは危ういので、学校に行って空気感を知ってください」とおっしゃった意味がわかった。

ただ説明会ではなく、なるべく素の状態に近い物を見たり、聞いたりしなければならないんだと思う。

なかなか難しい・・・

 

実はこれ以外にも「う~ん」と思った学校があって、説明会に出てくる生徒は、何かで賞を獲った成績上位の子たちばかり。

英語でスピーチし、先生も満面の笑みで生徒を見つめる。

だが、先生たちの目線はその子たちにしか向いていなかった。

優秀な子以外、興味がないのだ。

外部から見てもわかるくらいあからさまだった。

やはり実際に足を運ばないと、気が付けなかった事だ。

その学校の事は大嫌いになった。

 

他にも、学校に入ったはいいが、いじめが原因で、高校受験しなおす子もいる。

入って安心と言う事はないのかもしれない。

でもそのリスクをできるだけ小さくしたいと願うのが親だろう。

学校選び、よく見て、よく聞いて、選んでください。

説明会の罠にかからないように・・・