「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。ミーティングで聞いた話。やっぱり学校は入ってみないとわからない。

現状を知りたい。

中学生はそろそろ「学校が日常」という具合になっている頃だ。

私は今を知りたくて、いろいろ参加して、なるべくたくさんの人の話を聞かせてもらう事にしている。

 

1学期がまもなく終わろうとしているが、既に各中学校ではいろいろな事が起こっている。

 

●1学期の間に「担任」がいなくなっていた・・・

 

「先生という職業」はブラックだと言われているが、精神を病んでしまい学校を辞めたようだ。

先生が追い詰められた原因はわからないが、子どもたちもある日突然「担任の先生」が変わっり、さぞ動揺した事だろう。

 

 

●せっかく入った上位校なのに、いじめを受けて不登校になり、退学してしまった。

 

この時期の女子は怖い。

女子というのが、どれだけ「いじわる」かをよく知っている。

高濱先生は、「女子は生まれた時からいじわる合戦をやってるので、そのお陰で心が強い」とおっしゃっていた。

会社に入っても、だいたいすぐ心が折れるのは男子だそうだ。

 

頭のいい子は大人たちにばれないように上手くやる。

いじめられた方が心が折れて、学校に行けなくなってしまった。

いろんな事を我慢して勝ち取った「合格」だったはずなのに、学校に行けなくなるくらい辛い目に遭わされるという現実。

入って安心はないのかもしれない。

 

それ以外にも、既に「問題を起こして退学」というのもある。

 

 

●どうしても行きたかった遠くの学校に行ったが、ホームシックにかかり、不登校になってしまい、学校を辞めざるを得なかった。

 

これまた死ぬほど勉強して入った学校。

新しい環境に臨んだが、そこはまだ13歳。

ホームシックに掛かってしまい、学校に行けなくなってしまった。

そして結局退学。

 

こういう事にならないよう、「我が子の性格をよく知る」必要があるなと思った。

ちょっとした「負荷」は成長に繋がるが、負荷を掛け過ぎると潰れてしまう。

家から出たら無理な子に、遠くの学校は選んじゃいけない。

そこでがんばり抜く子もいるだろうが、ダメな子もいる。

判断は難しい。

 

 

 ↓ 今は学校に行かなくても勉強する方法もあるし、学校が全てじゃない。

ホリエモンは「学校なんかいらない。頭のいい奴はみんな自学ですよ」と言っていた。

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

 

 

 

 

●第一志望に落ちて、「何くそっ」と思って頑張る子もいる。

 

「自分の居場所はここじゃなかった・・・」と奮起して、勉強に取り組む子もいる。

「次こそ、あの学校に入った奴らより上に行ってやる!!」と思っているのだ。

うちもこうなる事を期待していた・・・

 

●やっぱり授業に付いて行けず、塾に通う事に・・・

 

がんばって「合格」した第一志望校。

入ったのはいいが、授業に付いていけない。

そこで塾に行かなければならなくなった。

 

これは難しいところで、受験時、余裕で合格していても、その後油断して成績が落ちるパターンと、ぎりぎりで何とか合格したけど、やっぱり付いて行けなかった・・・というのがある。

「中学校」は進度が早いので、やはり「ギリギリ合格」は厳しい場合が多い気がする。

 

 

 

他に聞いたのは「中学受験」より「小学校お受験」がオススメという話。

中学受験では、まだ幼い子どもたちが、高校受験より難しい問題を解かなければならない。

全ての単元を網羅するには、相当な時間と、労力と、精神力がいる。

それに比べて「お受験」は、親のがんばり次第。

 

「お受験」ってメチャクチャお金が掛かるイメージ。

聞いてみたら「人によるし、ピンキリ」だそう。

いくらお金を掛けても受からない子は受からないし、受かる子はそれこそ何校も合格するそうだ。

まだ幼稚園児のお母さんたちは、「お受験」を視野に入れのもいいかもしれない。

 

 

 

因みに我が家も張り切って「筑波大付属小学校」のガラガラ抽選に行った。

久しぶりに着る「紺のワンピース」で1時間前から並び、講堂に入って間もなく、校長先生の目の前で転んだ。

床がつるっつるで滑って転んだ。

 

久しぶりのワンピースで転び、校長先生の目の前でパンツも丸見えだった・・・

「何やってんだろう私」と思うと、もう笑って立ち上がれなかった。

立とうとしてもつるっつるの床が立たせてくれなかった。

そして自分の「場違い」さに呆れた。

後ろの人が助けてくれ、やっとの思いで立ちあがったが、もちろん抽選は外れた。

こんな所でつるつる滑ってる奴が、当選するはすもない。

会場では、抽選に外れて号泣しているお母さんを何人か見かけた。

うちは「当たったらラッキー」くらいで行ったので、ちょっと申し訳ない気持ちになった。

 

小学校だろうと、中学校だろうと、受験に落ちたら悲しいのは同じ。

我が子が、お受験か、中学受験か、高校受験か、どれが合っているのが考えて、挑戦してみてください。