「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。6年生の「合不合判定テスト」結果を改めて見てみた。

最初はよかったのにな~・・・

6年生の第1回目の「合不合判定」は、もの凄くよくて、そのまま行ってくれ!!と思っていた。

芝の「合格者平均」も余裕で上回り、希望に満ちていた。

 

しかし、2回目からは、「合格者平均」くらいになった。

ずば抜けていい教科と、悪い教科が出てきた。

ここで国語の偏差値10下がってる・・・

塾に苦情を言いに行ったのを覚えている。

 

そこで校舎長が買って来てくれたのが「中学入試 でる順過去問 国語読解 合格への85問 三訂版 (中学入試でる順) 」という問題集。

前の年、国語が苦手な女子に買ってきたという話を覚えていたので、うちも買ってきてもらった。(お金は払いました。)

 

 ↓ 改訂版が出ていた。長すぎない文章なので毎日こつこつ出来ます。

中学入試 でる順過去問 国語読解 合格への86問 四訂版 (中学入試でる順)

中学入試 でる順過去問 国語読解 合格への86問 四訂版 (中学入試でる順)

 

 

 

3回目が9月、結果はだいたい「合格者平均」あたり。

平均に達していない教科も出てきた。

 

息子の成績は安定していなかった。

常に何か2教科がよければ2教科が普通か悪い。

もの凄くいい2教科で、他の2教科を補って「合格者平均」になる感じ。

 

10月の4回目は、2教科が「合格者平均」を大きく下回った。

11月の5回目は、3教科「合格者平均」を少しずつ下回っていた。

 

これじゃあ「芝」を受けられないんじゃないか・・・と思っていた。

「模試」慣れしていて、全く緊張感がなかった。

確か、伊藤博文とか聖徳太子とか、メチャクチャ簡単な漢字のミスがあって、私がキレた。

正答率が低いところに正解していて、高いところを落としている。

最後まで、ミスが多かった。

 

そして最後12月の6回目、国語だけずば抜けて良くて、理社がアウト。

理科なんて、ある単元、丸ごとごっそり落としていた。

慌てて個別の冬期講習で教わった。

こういう時、「個別」は便利だった。

他の子に邪魔されず、順番も待たず、理解できるまで教えてもらえる。

 

12月でちょうど合格ライン辺り。

偏差値は9月から1ずつ上がっていた。

それでも、4教科合計点は1回目からほぼ変わっていなかったので、周りが勉強したという事だ。

やはり夏休み明けが厳しかった。

うちも「勉強合宿」で勉強習慣や本気で学ぶ楽しさを、徹底的に叩き込んででもらったが、その後続かなかった。

「夏期講習」の後は下がることなく、ぐっと上げていかなければならなかった。

12月でちょうどくらいなので、1月からぐっと伸びて、必ず「合格」できるはずだった。

親子とも甘かったと思う。

 

そのまま冬期講習、年末年始特訓、埼玉・千葉入試と続く。

1月は千葉を捨てて、2月1日の本番に向けて勉強した。

ここで過去問に時間を取り過ぎたかもしれない。

それより、基礎固めの方が大事だった気がする。

受験は6割取れればいいので、取れるところをミスなくできれば合格できる。

うちは最後まで「うっかりミス」をしていたな・・・

普段、全く緊張しないタイプなのに、どうやら本番は緊張していたみたいだ。

どんな子でも「本番」は緊張すると思っておいた方がいい。

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

「芝」は1日に失敗したら、4日はやはり厳しかった・・・

御三家の子たちがごっそり「合格」を持って行く。

行くかどうかもわからないのに・・・

それでも2回受験で加算約15点くらいもらえたはずなのに、合格できなかったのはやはり実力不足だったんだろう。

 

6年生ここからは、苦手なところを1つずつ潰して行き、基礎固めをする必要がある。

先日聞たのは、サピックス以外の子たちは、「個別」か「家庭教師」を併用している事が多いという話だ。

本当ににわからないところを教えてもらうには「集団塾」じゃ厳しい。

 

 

うちは10月からの「個別」じゃ遅かったです。

もっと早く「個別」を足せばよかったと思いました。

親子とも甘くて「不合格」となってしまいました。

どうか一生に一回の「中学受験」です。

後悔のないよう、出来る事は全部やってみてください。