「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「花まる学習会」高濱先生の「高濱ナイト」に参加した。親が反対する方に進む方が成功する。

今回のゲストは「株式会社マネーフォワード」の辻庸介さん。

 

↓ 登録者800万人の会社の社長さんだ。

corp.moneyforward.com

 

 

高濱ナイト」は社会で活躍されている本物の方々を見るというのがテーマだが、毎回おもしろい。

 

 

まずは小さい頃のお話から。

厳格なおじいさんの元に、親せきが月1回集まって、お話を聞いたいたそうだ。

子どものうちから、人がたくさん集まる場にいられるのは、社会に出た時の為に「人慣れ」しておけるのでいいと高濱先生はおっしゃった。

社会に出たら、想像もしていなかった人たちに出会うから。

 

おじいさんは、叩き上げでの会社社長で「怖い存在」だが、子どもながらに話を聞くのが楽しくて、特に心に残っている言葉が「10人いたら、1人でも話を聞いてくれる人がいたら感謝しろ。」と言う言葉と、「1人でも不快に思う人がいるなら髭を剃りなさい。本当にそれがいいかどうか考えなさい。」という言葉。

 

人は他人の話を聞かない。

そんな中、聞いてくれる人がいるというのはありがたい事。

自分がよかれと思っている事、それは「相手もいいと思うのか?」を考えるべきだ。

辻さんはそれ以来、髭を伸ばしていないそうだ。

多くの人と接する世の中で、きちんとした格好が好まれる場所がある以上、そこは守るべきだという考えで、嫌だと思う人がいる事はしない。

だから会社にはスーツを何着も用意してあるそうだ。

「相手がどう思うか?を想像する事は大事だ」と、高濱先生がおっしゃった。

このおじいさんのように、「魅力的な大人」と接する機会が大事だ。

 

 

辻さんは、京大を卒業して、SONYに入社。

SONYの同期には、絶対に勝てないような魅力的な人が溢れていて、自分はここでは勝負できなと思い、会社を辞めて転職し、そして起業したそうだ。

もちろん母親は大反対。

前回の「高橋祥子」さんの時も、お母さんが反対したが、それを振り切って起業されていた。

 

辻さんは「親が反対する方に進む方が成功する。」「ルールに従う方が脳みそは止まっている。」とおっしゃった。

親に「今」いいと思う物を勧められても・・・30年後もいいのか?

「今ある物を疑うのが好き。」だともおっしゃっていた。

 

成功の秘訣としては「人と違う事をやる。」「誰もやってない事をやる。」という事が挙げられる。

高濱先生もずっとそれを考えていたそうだ。

 

 

「子育てのヒント」としては

 

●子どもをひたすら褒める事も大事。

  辻さんは親の「愛」に疑いがないとおっしゃった。

  成功者の方々は親に「愛された」方が多い。

 

●犬や動物を飼うのは情操教育にいい。

  優しくて「強い奴」は犬を飼っている人が多いそうだ。

  生き物がそばにいる環境は大きい。

 

●チームスポーツはいい。

  スポーツは負けたくないという気持ちからがんばれる。

  白黒ハッキリ付くので、自分の、自分たちの努力不足を知れる。

 

 

世の中には、同じ能力、同じアイディアを持っていても、「えいやっ!」とやってのける人と、躊躇する人がいる。

間違いなく成功者はみんな「やってのける人」たちだ。

 

 

最後に高濱先生と少しだけお話する事ができた。

高濱先生は嬉しそうな顔で

「ああいう人たちとお友だちになれる人生が楽しいんですよ~」とおっしゃった。

そうだろう、そうだろう、我が子もあっちの世界に入って行って欲しいと願った。