「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。夏休みは勉強時間が長くなる。オススメは「個別」だが。

学校の宿題はできれば早々に終わらせておきたい。

夏休みが始まりました。

いちばん大切なのは、生活リズムを崩さない事でしょう。

6年生は毎日、朝から晩まで「夏期講習」です。

夜遅くまで勉強して、朝起きられないという事がないよう気を付けましょう。

 

息子は6年生の間、塾自体がお休みの日以外、全ての開いている時間「塾」にいました。

だからと言って勉強していたか?と言えば、そうではないと思います。

先生方に、やっと本気を出した姿を見せたのは、2月1日に落ちた後の2日間だけです。

「塾に行ってるから大丈夫。勉強してるはず。」と油断はできません

集中できない子がたくさんいると、そちらに引っ張られてしまいます。

男子なんて全然ダメでした・・・

他の塾はどうなんだろう?

 

学校の宿題は6年生になると少なかったように記憶しています。

日記はみんなが「塾に行きました。」としか書かないので、撤廃されました。

いちばん時間のかかる「自由研究」

我が家は1日取って、「トイレ大調査」というのをやっていました。

 

その前は「デパート」の「引」と書いてあるドアを何人が「押す」か?というのを調査しました。

親子2人で数時間入り口で男女差と人数を記録しました。

女の人は荷物が大きいので、押していましたね。(笑)

 

その前は自宅から東京駅まで歩き、どんな「ゴミ」が落ちているかの調査をしました。

道が掃除される前の薄暗いうちに家を出て、早朝に東京駅に着きましたが、結構時間がかかりました。

翌日筋肉痛になった事と、東京駅に近付き「千代田区」に入った途端、一切の「ゴミ」がなくたった事を覚えています。

千代田区」は美しかった~。

 

benesse.jp

 

宿題をどう終わらせるか、最初に全ての宿題を書き出し、子どもと一緒にスケジュールを組んでおくのがいいと思います。

「今日はこれだけやる」と決めてある方が進めやすいです

 

 

ここで「個別」を足すのもいいと思います。

ただ、どうしても「予算的」「時間的」に個別が難しい方は、塾の先生に質問しにに行かせてください

親が「子どもが何につまづいているのか?」を見極める必要がありますが、自分で質問に行かない子は親が「これとこれとこれは聞いてくる事」とメモを持たせてもいいと思います。

自立、自学と言っても小学生にはなかなか難しいです。

「個別」を足すのは、分からない所を理解するのが目的です。

「塾」で賄えるならそれに越した事はありません。

 

さて、6年生は最後の「夏休み」です。

悔いの残らないよう、精一杯がんばってください。

応援しています!

 

 

 

 

 

↓ 「中学校生活編」はこちらから。

www.suika.tokyo