「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを書いています。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。の図形問題。小さい頃は「パズル」がオススメ。

「賢い受験生」という書き方が気になるが・・・

 

diamond.jp

 

こんな記事を見つけたが、図形問題は必ず出る。

先日「花まる」ラボのアプリを紹介したが、我が家も「図形」で困った事はない。

「シンクシンク」アプリを始めたのは5年生だったが、それでも役に立った。

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

「花まる」に通い始めたのが年長の頃。

「なぞぺ~」というクイズのような、遊び感覚で出来る問題集をやっていた。

その頃から、立体を書く練習もあった。

難点は「字が汚くてもO.K.」と言う所。

「脳のスピードに手の動きは付いて行けないから、汚いのはしょうがない。」というのだが、親としれはそれじゃあねぇ~・・・という感じだった。

 

もっと小さい頃やっていたのが「ニキーチンの知育遊び」。

要するにパズルだが、これがなかなか難しい。

最後の問題なんて、今でもサラッとは解けない。

 

 ↓ この2つがセット。

ニキーチンの知育遊び

ニキーチンの知育遊び

 
ブラザー・ジョルダン/Br.JORDAN/みんなの積木/BJ0007

ブラザー・ジョルダン/Br.JORDAN/みんなの積木/BJ0007

 

 

この「みんなの積み木」が高すぎる!!と思ったので、うちは安い物を買って、加工して使っていた。

木工用ボンドでくっつけて、絵具で色を塗った。

 

 

 

ニキーチンの知育遊びの「問題ページ」をコピーして、完成したら「よくできました」のハンコを押していた。

だが、繰り返しやらないと、1度出来たからと言って、また出来るとは限らない。

この遊びはほんとに楽しくて、親も一緒になって遊んでいた。

 

パズルは高濱先生のおっしゃる「見えない物が見える力」も育つんじゃないかと思っている。

小さい頃からの「パズル」は是非やってもらいたい。

 

 

 

↓ こんなのも出ていた。夏休みの「おでかけ」にもってこい。

るるぶ×花まる学習会 発想力を伸ばす!  おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)

るるぶ×花まる学習会 発想力を伸ばす! おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)

 
るるぶ×花まる学習会 思考力を伸ばす!  おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)

るるぶ×花まる学習会 思考力を伸ばす! おでかけ中のカードあそび150 (こども絵本)