「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。が終わっても・・・勉強はしなきゃいけないよね?

海外に短期留学に行った息子。

このところ我が家は平和だ。

なぜなら息子がいないから。

夏休みだが、彼はオーストラリアに行っている。

中間テストの際、あまりの英語の点数の酷さに激怒し、「どうしてやろうか!!」となった時、スクールFCの「子育てシンポジウム」があり、先生たちに相談することができた。

 

「英語どうしましょうか?」

 

「彼は刺激を与えないと6年間このままです。海外へ出しなさい。」という答えが返ってきた。

 

 

www.mikan-iroblog.com

 

 

 

結果、今彼はオーストラリアに行っている。

 

6月中旬に「海外へ!」と言われて、夏休みに行かせるのは大変だった。

まずパスポートがない・・・しかも本籍地も離れてる・・・で時間が掛かったが、何とか夏休みに間に合った。

 

私の思惑としては、ちょっとは英語ができなくて困ってこい!

だったのだが、どういう状況かは不明だが、彼はオーストラリアを満喫している

メチャクチャ楽しいそうだ。

 

彼にはどんな場所でも、どんな環境でも楽しく過ごせる能力がある

 

 

↓ 経緯はこちらから。

www.suika.tokyo

 

 

今日、偶然息子の校舎長(スクールFCの)に会った。

学校で「こんな子、見た事ないって言われたんですよ・・・」というとすかさず、「そこがいいんじゃないですか!!」と言われた。

 

そうか・・・そこがいいんだ・・・

 

このところ「花まる」や「スクールFC」を離れて、普通の場所では息子が「厄介者」だった事を思い出していたところだった。

ありがとう、校舎長。(涙)

校舎長のアドバイスは「留年さえしなければ何とかなる。お母さんは全力で6年間学校に残れるよう動いてください!」と言う物だった。

なるほど、具体的だ。

あとは「先生を敵に回さない事。」というのも言われた。

 

 

変わり者の息子を「おもしろい!!」とそのままを認めてくれ、受け入れてくれた「花まる」には感謝しかない。

また「がんばろう!!」と思えた。

 

↓ 因みに期末テストの英語も最悪だった・・・お陰で学校呼び出し・・・

www.suika.tokyo

 

 

↓ おもしろい!!問題児を抱えてお悩みの方は是非。

「ズバ抜けた問題児」の伸ばし方 ― ADHDタイプ脳のすごさを引き出す勉強法 ( )

「ズバ抜けた問題児」の伸ばし方 ― ADHDタイプ脳のすごさを引き出す勉強法 ( )