「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。やっぱり私はやっちまっていたのか・・・?でも・・・

6年生の夏休みなのに遊ばせていた・・・

 

今更ながらに、自分たちの甘さを痛感する日々だが、こんな記事を見つけた。

 ↓

edua.asahi.com

 

夏休みに、宿泊を伴う旅行をすると、勉強のペースが乱れて、それを取り戻すのがた大変・・・という記事だった。

理想は「勉強漬けの毎日。」

 

 

去年の6年生の夏、思いっきり「花まる」の サムライ合戦!」 に参加していたな~・・・

しかも3泊4日だ。

1泊でもダメだと書いてある。

そして「秋以降のシビアな日々」という言葉にも納得だ。

 

夏休みは「夏期講習」や「勉強合宿」でみんな学力を上げてくる

秋以降、みんなが勉強している中での、成績アップは本当に厳しい。

 

たまたまスクールFCの先生と話す機会があったが、「今、学校の成績が厳しく、大変な事になっている・・・」という話をしたら、「第一志望に落ちた経験って彼の中ではどういう位置なんでしょう?」と問われた。

「当時は泣き崩れて、ショックを受けていましたが、多分、もう忘れて気にしてないと思います。」と私。

先生がおっしゃるには「第一志望は落ちたけど、別の学校に入れて何とかなっていると思っていて、だから落ちた事も忘れてるんじゃないんでしょうかね?」との事。

 

なるほど・・・「それほど勉強しなくて第一志望には落ちちゃったけど、別のとこに入れたし、まあいいや・・・何とかなった。」と考えていそうだという事。

 

 

「やらなくても何とかなった。」と思っちゃっている可能性大。

 

 

 ↓ 貸し出していた本が返ってきた。面白くて結局買ったそうだ。

中学入試対応 ツッコミ! 理科

中学入試対応 ツッコミ! 理科

 

 

 

 

でも・・・

 

www.inter-edu.com

 

息抜きも必要だという意見もあるぞ?

 

 

 

 

 やらなくても何とかなった・・・

そうだな・・・中学の保護者会の時、休み時間に机に向かっている子たちは、息子とは全然違ったな・・・

彼らは恐らく「落ちた悔しさ」をバネにがんばっている子たちだろう。

 

もう1つ、アドバイス頂いたのは、「成績順位の上位50%までは、まあやれば入れる。

でもその上に行くには、みんなが勉強している中で上がって行かなければならないので、一気に難しくなる」という話だった。

 

なるほど・・・わかりやすい。

このひどい成績の中、どうやって上がって行くかは、息子自信が考えなければならないのだろう。

「今のうちにたくさん困らせて、自分で考えさせてください。中1だからこそ、黙って見守れる時期ですよ。」とおっしゃった。

仕組みだけは作って、あとは見守れるようにしたい。

 

三者面談で生まれて初めて「困ってる」という言葉を発した息子。

後々、「あの中1のとき困ったのがいい経験になったね」となるといいな。

 

 

↓ 中学校生活編。

www.suika.tokyo