「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。配信映像で、井本先生とおおたとしまささんの対談を見たが・・・

最初の松島先生の話が気になった。

 

 

高濱先生のオンラインサロン」ライブラリの中の「今、ここで輝く」トークセッション。(有料)

lounge.dmm.com

 

まず、初めにスクールFCの松島先生のお話があった。

 

●自学ができる子に育てる。

●考える事が好きになる。

●行った先で幸せになる。

というのがスクールFCの3本柱だとおっしゃった。

 

まあ、そうだろう。

ずっとそう聞いてきた。

その後に「復習ノート」のお話が出てきたが、さもFCに通えば、全員がこの「復習ノート法」を習得できるかのような言い方だが、決してそうではない。

昔の少人数の頃のFCなら、目が行き届いていて、そこまで見てもらえたかもしれないが今は違うと思う。

高濱先生も講演会で卒業生が「高濱先生に教わったノート方が一生の宝物です。」と言われたのが嬉しかったという話をされるが、みんなが出来る訳ではない。

高濱先生が指導されていたのは少人数「スーパー算数コース」の、ズバ抜けた頭のいい子たちだ。

 

成績が伸びる子の「復習ノート」のつくり方

成績が伸びる子の「復習ノート」のつくり方

 

 

現に息子はこの方法を習得してないし、自学が出来るようにも育ってはいない。

大好きな「塾」だが、過度の期待は寄せない方がいいと思う。

6年生で「復習ノート」のやり方というのは、「こういうのがあるのでやってみましょう。」程度で教わった。

その後、それを習慣付けるようなシステムはなく、自分でやらなければならない

 

 

4年生、5年生の保護者会の際もこの「ノート法」の話があり、私はもの凄く期待していた。

 

 

だが、実際は「こういう方法があるよ」程度の指導で、やるかやらないかは本人次第だ。

6年生の10月ごろ担任の先生に「復習ノート」をもっとするように見てもらえませんか?と言いに行った。

返ってきた答えは「まだそこまで行っていない。子ども1人1人を見ていて、○○は、もっと基礎を徹底的にやりこめる時期です。」と言われて、受け入れてはもらえなかった。

自分でやらなければ、何も始まらない

私は他の先生にも「復習ノート」を作ることができるよう頼みに行った。

でも、できないままだし、未だに自学もできていない・・・

息子は「復習ノート」を持って行くのさえ忘れていた。

うちはケンカになるから、見られなかったけど、親が見るのがいいのかもしれない。

 

どこの塾に行こうが、何を習おうが、結局は本人次第だと思う。

自分でできなきゃ伸びる訳がない。

 

そんな中、シグマの子たちはしっかり「復習ノート」もできていたし、自学もやっていた。(全員ではないかもしれないが、担任の先生が「今、ちゃんと復習ノートが出来ているのはシグマの子たちだけですよ」とおっしゃった。)

Aクラスの中でこの「復習ノート法」が出来ていた子は果たして何人いたのかは知らない。

 

 

他にも、松島先生は「何でも塾の先生に相談してください。」とおっしゃっていたが、担任の先生には何度も話したが「こんなもんですよ。」で終わりだったし「質問に来いよ」と息子に声掛けしてくれて、後は「このままじゃヤバイぞ」と発破を掛けてくれはしたけど、息子は何も変わらなかった。

質問に行く子はいつも同じ子だし、その質問をするのさえ「十数人待ち」。

 

結局、自分で出来ない子はできないままだ。

 

 

「集団塾」にあまり多くを求めてはいけないと思った。

 

どこの「塾」もこんなもんだろうし、FCはいい方だと今でも信じている。

「厄介者」の息子を快く迎え入れてくれ、かわいがってもらった。

すごく感謝している。

ただ、受験となると不安で「個別」を足した。

これも間違っていなかったと思う。

「こんなもんですよ。」の言葉を鵜呑みにせず、もう少し疑ってかかってもよかったかな・・・

 

 

松島先生のお話を聞き、「おかしい?」と思ったので自分が感じた事を書いてみた。

恐らく松島先生はそういう指導をされていて、それがみんなにも行き渡っていると思っていらしゃるのだろう。

今は生徒数が多すぎる。

なかなか昔のようには行かないと思っている・・・