「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。偏差値ではない学校選び。

せっかく入学しても付いて行けず、学校が楽しくなければ意味がない。 

 

honsuki.jp

 

親子とも考えが甘すぎた「中学受験」。

今、私立中学に入って、苦労を強いられている。

どこでも気にせずやって行ける息子は「不登校」にはならなさそうだが、入学してから学校が合わなかった、どうしよう・・・というのもちょっと困る。

今、我が家は「何とかこの学校が正解だった。」と持って行けるように、思案中だ。

正直、私はもう勉強は諦めている・・・が、

何としてもここで「楽しく」生き抜いてやる!

 

 

いろいろな先生方がアドバイスしてくれるが、所詮は「よその子」の話。

一番真剣なのは親だ。

 

新しいアドバイスをもらった。

「先生や、他の人は、その子の全てを見ている訳じゃない。お母さんの方が圧倒的にその子を見ている時間が長いので、最後はお母さんが正しいと思う直観に沿って判断してください。」というもの。

 

先生は自分のお母さんに「お母さんの気持ちなんてお母さんにしかわからない。

人が何と言おうと私(母)が正しい。」と言われて育てられたそうだ。

その先生は「こんな人に育ってほしい!!」という見本のような素敵な先生に育っている。

「花まる」にはほんとに魅力的な先生が溢れている。

結局、母親のブレない姿勢が大切なんだろうと思う。

私は、いろんな人に、いろんな事を言われてブレブレだ・・・

 

今も、外遊び満載の毎日を送っている息子。

息子は「あの成績で学校に行くのが嫌にならない程の図太い神経」を持っている。

オーストラリアに短期留学したが、英語ができなくても、日本語とジェスチャーで「全く困ることなく」楽しんで帰ってきた

どんな場面でも楽しめる子だ。

恐らく、どこでもやって行けるだろう。

食うに困ったら「自分で魚を釣って食べるだろう」と思う。

「生きる力」はもう備わっているといのはよくわかる。

「ヤバイ!」と言いながら実は全然気にしていないから、勉強もしないのだろう。

私の中でも「外遊びって絶対子どもの成長にいいよな・・・」という考えが根底にあり、勉強より優先させても、許してしまう甘さがある。

本来はやるべき事をやった後の「外遊び」なのだが・・・

「中学受験」の時だけは、勉強を最優先にするべきだったな・・・と思う。

やはり6年間通う学校が掛かっていた。

 

我が子をどう育てたいかを考え、親の考えに沿った教育をしてくれる学校を探さなければならない。

今なら、「絶対偏差値じゃないから!!」と言える。

おおたとしまささんも「偏差値は関係ないです。偏差値が1や2低くても変わりないし、たとえ偏差値が低くても学校でやってる事に変わりはなく、いい学校はたくさんあります。」とおっしゃっていた。

 

私のように「どうしてもこの学校に!」となりがちだが、広い視野を持って、親の理念に沿った学校選びをしてみてください。

もし、入ってから「しまった・・・」と思っても、挽回できると信じています。

何度もくじけて「失敗した・・・」と感じてきたけど、

今は「失敗じゃない。何としてもここを正解にしてやる!!」と思っています。

どんな状況からでも、挽回できると信じています。

 

どうかそれぞれのお子さんに合った、

「幸せな時間を過ごせる学校」が見つかりますように

 

 

 ↓ 佐藤ママの本。「花まる学習会」高濱先生との対談が載っています。

高濱先生は「佐藤ママ」についていつも、「ブレないところがいい」とおっしゃっていました。気になるので私も読んでみたい。