「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

やっと「花まる」の高濱先生と「探究学舎」の宝槻さんの対談の配信を見た。

こんな面白い2人は「生」で見たかった~・・・

高濱サロン」で配信されていた「花まる学習会」の高濱先生と、「探究学舎」の宝槻さんの対談をみた。

「これ何で参加できなかったの?」と思ったら、「探究学舎」の方が参加できる講演会だった。

 

「探究学舎」は「好きな事をチャレンジできる大人になろう」

魚くんみたいな子を育てたいらしい。

 

「花まる学習会」は「メシが食える大人に」

高濱先生は本当は「サマースクール」だけやっていたいそうだ。(笑)

今年の「サマースクール」も楽しんでいらっしゃる事だろう。

親なら「花まる」に入ったからにはこの「サマースクール」で「高濱先生の修学旅行」に参加してもらいたいと願うものだが、息子は「サムライ」にしか興味がない。

そしてもし「サムライ」がダメなら「海釣りコース」だろう・・・

「息子を高濱先生の修学旅行に!!」の母の願いは絶対に叶わない・・・

 

探究学舎のスゴイ授業:子どもの好奇心が止まらない! 能力よりも興味を育てる探究メソッドのすべて 元素編

探究学舎のスゴイ授業:子どもの好奇心が止まらない! 能力よりも興味を育てる探究メソッドのすべて 元素編

 

 

 

講演会ではまず最初に高濱先生の

基盤力(言葉や計算力や規範)の上に、強みを持つというお話。

この中の約束を守る、遅刻をしない等の「規範」に穴があったら、「メシは食えない」とおっしゃった。

ここはできて当然のことなのだ。

これは「花まる」で言うところの「赤い箱」(9歳くらいまで)に親が教えなければならない。

 

その上に「強み」を積み上げて行くと、「メシが食える大人」になる。

「強み」とは「見える力」。

本質が見える力、アイディアが浮かぶ力、鍵はこれだと見抜く力。

この「強み」には主体性がいる。

本人が熱中してやっていないとダメ。

 

 

幼児期に大事な事は「熱中している事を止めない」という事。

落合陽一さんが、自分の子どもに実践しているのはこの1点だと高濱先生がおっしゃっていた。

「強み」の中の「感性」を伸ばしてあげると、それだけで「メシが食えるようになる」。

 

宝槻さんは「適合」(ちゃんとできる)と「創造」のバランスが大事だとおっしゃった。

ほっといても「適合」には行くので、意識的に「創造」の方へ持って行くようにしている。

そこで高濱先生が「幸せになれない大人」は適合の方に傾いた人だとおっしゃった。

 

「創造」は好きな物に没頭したことからしか生まれない。

今、息子がやってる「生き物捕獲」も「創造」の方に向かっているのだろう。

他にも「花まる」で言うところの「青い箱」(10歳以上)に入ったら親は離れてくださいとおっしゃった。

これが難しいんだよな~。

 

 

ただ、同性同士の親子は対話が大事だとおっしゃった。

「青い箱」に入ったら「会話」えはなく「本音」をぶつける「対話」をすることが大事。

親子でちゃんと向き合った経験を積んで行き、本当に困った時に親に相談できる関係を作っておく。

 

宝槻さんからの質問。

① 熱中しすぎる物があって、学校で浮いてる子はどうすればいいですか?(マニアックすぎて)

→ 学校が全てではないので、どこかその子を認めてくれる、褒めてくれる「居場所」を作るようにする。

これからの時代「学校に行かない」という選択肢もありになってくる。

 

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

 

 

 

 

② そもそも熱中するものもなく、ボーッとしてる子は?

→ 熱中しない子なんていない。

どこかで親がストップを掛けてしまっている。

その場合はいろんな習い事をさせてみて、子どもが夢中になれるものを探す。

 

 

子どもには居心地のいい「居場所」が必要なんだと、思い出した。

親はいかに「子どもが安心できる場所」を作ってあげられるかが大事だと思った。

他にもいいお話、大爆笑のお話もあった。

高濱サロン」に入会すれば見られるので、興味のある方は是非。

 

「♯タカハマホウツキ対談」で感想を募っていたので、もしかしたらまだあるかも?

 

 

www.mikan-iroblog.com