「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。親はどこまでかかわるのか? 私は「ちょうどいい距離」を取れなかった。

結局、その親子関係次第。

私は息子が6年生の1年間「もっと関わってくればよかった・・・」と後悔していたが、私が口を出すと「ケンカ」になる事は目に見えていたし、「塾」の先生がおっしゃった「本人のやる気をそぐ」というのは正しいのだろう。

今も「反抗期」で手がつけられない。

何も言ってもケンカになるので、できる事ならなるべく関わりたくない。

 

この「反抗期」だが栄光の井本先生が講演会で、

「ある程度の年齢がきたら、親は離れなければならない。その為に反抗期というものがあって、親がもうあんたの顔なんかみたくない!!となり、自然と離れられるよう上手い事できている。」とおっしゃっていた。

 

1年間、ほったらかしにしたとは言え、「社会の歴史暗記カード」やら、「都道府県カード」を作って、通塾に付き添い電車で息子の横で読んでいたので、まったく口出ししなかったというのはウソになる。

先輩で御三家に受かった子は電車では「自分で」教科書を読んでいた

母が付き添って勉強なんてあり得ない・・・

 

まだ子どもなので受験の時「自分でできる子」の方が少ないのは知っている。

それにしてもこの「勉強に対するやる気のなさ」はひど過ぎる。

あんなに「行きたい!」って言っていた学校なのに、何でやらなかったんだろう? 

 

私は未だに「ああすればよかった」「こうすればよかった」と考えているが、最後まで本人のやる気が足りなかった。

やる気がないので、本人が本気で向き合った上での勉強量が足りない。

今も全然足りない。

この前、英語プリントを作りながら、「ほんとは私がこんなもの作らなくても、自分でできるようにならなきゃダメだよな~・・・」と思っていた。

こんなプリントやったって、きっと覚えないだろう。

やる意味ないのかも?

先生がおっしゃる「本人が気が付いてやらなきゃ意味がない」というのを感じた。

 

www.suika.tokyo

 

 

今、息子は「勉強しなかったら入れない」学校に通っている。

勉強して当たり前の子たちの中にいて、やらないから「とんでもない成績」を取ってくる。

「ヤバイね」と言いながら、何も行動を起こさない。

ずっと「生き物捕獲」の計画を立てている。

たいして「ヤバイ」なんて思っていないのだろう。

 

www.inter-edu.com

 

どこまで失敗させないと、気が付かないのかな?

「第一志望」に落ちて、気が付いたかと思ったんだけどな・・・まだだったか。

 

↓ 「西郡道場」の先生の記事です。

woman.excite.co.jp