「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。文章を書く。小さい頃に嫌いにさせない。

「花まる」では作文コンクールがあった。

年長から通っていた「花まる学習会」では、毎回「作文」を書いていた。

お陰で息子は小さい頃から「文章を書く」と言う事には慣れていた。

子どもが「感じた事」をそのまま文字、文章にしてみる。

それだけで、花まるの先生はメチャクチャ褒めてくれる。

子どもは「わかってもらえる」から書くのが楽しくなる

 

息子は低学年の頃はタガメの事しか書いていなかった。

それでも先生は褒めてくれたし、今、この子が「何が好き」というのも、よく理解してくれていた。

「自分の生徒を知る」という意味もあったのかな?と思う。

 

「花まる」では、1年に1度「作文コンクール」というものがあり、その直前の授業ではコンクールに向けての作文を一心に書く。

入賞すると、冊子に名前と自分の作文が載るので、みんな真剣だ。

我が家は1回も選ばれなかったな~・・・

 

 

↓ 自分で捕まえた「タガメ

f:id:mikan-iro:20190504163505j:plain

 

 

「スクールFC」に入ると「トライアングル」という、決まった言葉を入れて書く作文が宿題となっていた。

今までは好き勝手書いていて褒められたていたのが、急に難しくなった。

それでもまだまだ3年生、どんな文章でも「花まる」が付けられ、褒めてもらえた。

とにかく「文章を書く事」を嫌いにならないようになっていた。

褒め方のコツは「何が、どこが」「どういいのか」と言う事を伝える。

そうして、子どもを認めてあげるのが大事。

正直「なんじゃこりゃ~」と思う作文が多かったが、何とか褒めていた気がする。

 

toyokeizai.net

 

 

↓ 中学受験では、読解力が大事だが、やはり「読書」は必須のようだ。

dot.asahi.com

 

御三家に通っている子たちを見ると、男女問わず、小さい文字の文庫本やら、ホリエモン等のビジネス本やら、息子が絶対手を出さないようなジャンルの本を読んでいる。

息子は本好きだが未だに「未確認生物」や「妖怪」の本を夢中で読んでいる・・・

小学校低学年かよ!!と言いたくなる・・・

トイレの中の「愛読書」は「天才!バカボンだし・・・

 

高濱ナイト」に登場する世の社長さんたちは、もれなく「読書」に没頭した時期があった。

いつかそんな日が来る事を願って。

 

 

↓ これがお気に入り。

ふしぎな世界を見てみよう!  未確認生物大図鑑

ふしぎな世界を見てみよう! 未確認生物大図鑑

 

 

 

↓ 受験に最適の「立体切断アプリ」はアップルストアでは8月末まで¥3000です。お買い得のうちに是非。(記事内で動画も見られます。d)

cubecut.ultimate-math.com

 

↓ 中学校生活編。

www.suika.tokyo