「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。どうやって記憶させるのか?

何度も何度も書いて覚えるしかない・・・

 

ほとほと「英語」に困り果てている我が家・・・

やはり何度も書くしかないのだろう。

 

 

↓ 井沢さんは「ミクロ暗記」と「マクロ暗記」を使い分けているとおっしゃった。

president.jp

↑ エクセルで作る「記憶術」というものも載っていた。

 

 

 

この教科をバラバラにして混ぜて覚えるというのは、メンタリストDaiGoさんの本にも書かれていたな。

 

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

 

 

未だに息子は「英単語」に苦戦している。

試しに書かせてみたら、信じられないくらい書けない。

そこで「イラッ」としてしまうので、やはり私が指導するのは無理だ・・・・

「他の手を」と考えて「スタディサプリ」をやってみる事にした。

14日間無料なので、とりあえずやってみる。

 

studysapuri.jp

 

 

その昔、学年の中で誰が1番早く「漢検」に合格出来るかという密かな争いが合った。

息子は1番になりたくて、毎回学校で受験していた。

最初の頃はよかったが、だんだん難しくなってくると、覚えられないので勉強しない。

 

↓ そこで買ったのがこれ。

7日間完成!  漢検4級 書き込み式 直前対策ドリル 改訂版

7日間完成! 漢検4級 書き込み式 直前対策ドリル 改訂版

 

 

これを「テスト」が近付いてきた頃に、ちょっとやっていた。

3年生の終わりに「ギリギリの点数」で4級に合格して学年で1番だった。(他にも4級合格はいた。)

だが、彼は力尽きた。

漢検」に興味を失い、もう努力はしたくないので、ここで「漢検」は終了となった。

 

ただ、いろんな本を読んでいたのと、電車の駅名、地名への興味で、勝手に漢字は覚えていた。

「天才!バカボン」に出てくる漢字や、難しい言葉も覚えていた。

マンガと言ってもバカにできない。

「テスト」の為に勉強しての「漢字」できなかったが、好きな事をしているだけで、「漢字」を覚えた。

無理に「漢検」の勉強なんてしなくてよかったな・・・と思う。

「早く合格すること」にあまり意味はなかった。

 

 

↓ 意外と「子どもが興味を持ちそうな難しい言葉」が使われていたりする。

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

 

 

 

何が勉強に繋がるかわからないので、子どもが「興味がある事」に、親がどう関連付けられるか?という事を考えるのが「勉強」への一番の近道かもしれない。