「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。2020年度以降の中学入試。

共学化、高校募集停止、午後入試、英語入試の増加。

 

去年、学校説明会に参加している最中も、巣鴨で「算数入試」が始ったり、三田国際で新コースができたり、白鴎では漢検の特別枠がなくなったりした。

白鴎の特別枠は、実は一般入試より倍率が高かったりするので、本当にチャレンジ程度の気持ちで受ける方がいいと思う。

 

各学校の説明会で突然、入試に関して新しい発表があったりする。

説明会に行けない学校は、入試要項が秋以降どんどん公表されていくので、必ずチェックしなければならない。

説明会では公表されていても、これらの情報が実際HPに出るのは秋以降だ。

志望校の情報を早く手に入れたい場合は、やはり「学校説明会」に行くしかない

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この記事によると、小野学園女子(東京都品川区)が品川翔英と校名変更した上で共学化聖ヨゼフ学園横浜市鶴見区)も同じく共学化

 

かえつ有明(東京都江東区)は従来、授業は男女別に行う学校だったが、2020年度から男女共学の授業に移行

今年桐蔭学園中等教育学校横浜市青葉区)が完全共学化となっている。

 

本郷学園(東京都豊島区)が2021年度から高校募集を停止し、完全中高一貫校化。

それに伴い中学校の募集定員は240人から280人に増加。

募集人数が増えて入りやすくなってるといいけど、逆に倍率が上がりそうな気がするな・・・

 女子では豊島岡女子学園(東京都豊島区)が2022年度から高校募集を停止

中学校の定員は変更せず240人のまま。

豊島岡に入るには「中学受験」しかなくなりましたね。

 その一方で2020年度から聖セシリア女子中学校・高等学校(神奈川県大和市)や中村中学校・高等学校(東京都江東区)の普通科が高校募集を再開。

 

午後入試を開設する学校としては暁星中学校(東京都千代田区)は、今春まで2月3日午前中のみの単日入試でしたが、来年度から2日午前、3日午後の2回入試になる。

3日午後は算数・国語の2科目入試。

暁星はフランス語の選択も可能であり、併願パターンに組み込みやすくなるとされていた。

 

女子では、湘南白百合学園(神奈川県藤沢市)が2月1日午後に算数1教科入試を新設し、帰国生入試を12月21日に早期化。

2日午前の入試は英語資格入試が選択可能

実用英語技能検定の1級・準1級が100点、2級が90点、準2級が70点、3級が30点に得点化される。

準2級は国立大学の受験資格にあたるCEFRのA2なので、中学受験の英語選択者に対して求めるレベルがかなり高い。

ただ、一般入試では面接が廃止されて、受験しやすくなる面もある。

 

田園調布学園(東京都世田谷区)も2月1日午後に算数1教科入試を新設し、入試時の面接を廃止。

山脇学園(東京都港区)は2月2日午後に、新たに「探究サイエンス入試」を導入し、理科と課題研究で合否を決める。

1日の午後には国語または算数の1教科入試。

午前中は4教科または国語・算数・英語の入試とさまざまなタイプの入試が用意されている。

 

その他にも、「英語選択入試」が増えて、英語が得意な子たちのチャンスが広がるそうだ。

 

必ず、志望校のHPはまめにチェックして、情報を得てください。

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo