「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。忙しい2学期。合同相談会も終盤。

どこの学校も協力的な訳ではない。

 

6年生の9月ともなると、親子とも気持ちが焦ってくる。

 

edua.asahi.com

 

こんな時期だからと言っても、学校の先生たちが協力してくれる訳ではない。

学校に残されて、行事の準備をさせられるなんて、親にしてみたらたまったもんじゃない。

それで「塾」に遅れるなんて事は、我慢ならなかった。

6年生、「塾」の最初の保護者会で、「6年生は塾を休まないでください。」と言われていた。

「算数」なんて、進みが早くて、1回休むことによって、その次の授業がわからなくなると言われた。

6年生はこんなハイペースで授業が行われているのだ。

親にしてみたら、行事で「塾」に遅れるくらいなら、学校を休ませたい気分だ。

でも、子どもは勉強に対して焦りはあるものの、「学校行事」楽しみにしている。

休ませられない・・・

ただ同級生の子たちは、半分が受験生なので、行事の手伝いができなくても、「ずるい」等と言って怒る事は一切なかった。

子どもたちはみんな優しかったな~。

 

 

9月からは「過去問」が始まる。

5校受験するなら、3年分の過去問をするとなると、15回分。

1校につき、1回の試験ではないので、もっとする事になる。

受験しない学校の「過去問」をやっている場合ではないので、この辺りからは、そろそろ「志望校」を決めて、あまり変更しない方がいい。

間に合わなくなってしまう。

 

9月から4ヶ月分の模試の結果で、12月に最終的な志望校を決める事になる。

夏休み、がっつり勉強で来た子たちは、模試でそれなりの成績を出せるはずだ。

ただ、夏休み、どこの塾でも「夏期講習」があり、ガッツリ勉強している。

ここからは

「やっている子たちばかり」の中で、偏差値を上げて行くのが厳しくなってくる。

 

秋になって、成績が思わしくない時の、親の気持ち・・・

そして、塾の先生からは「ここからは褒めて行きましょう。」と言われる。

秋以降は、子どもの気持ちが沈まないよう、小さなことでもいいので褒めて行かなければならない。

難しかったな~。

 

 

↓ 合同相談会もそろそろ終盤です。

j.tokyoshigaku.com

 

↓ 参加校はこちら。

http://j.tokyoshigaku.com/uploads/2019%E6%B1%A0%E8%A2%8B%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7_%E8%A3%8F%E9%9D%A2.pdf

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo