「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。「ギフテッド」の子どもたちはどこへ?

「ずば抜けた頭のいい子たち」が生きづらい日本。

 

www.nhk.or.jp

 

IQが130以上あり、何かに特化した能力を持つ「ギフテッド」と呼ばれる人たちがいる。

尋常ではない能力を持っている。

余りにもズバ抜けているというのは、標準の人たちからすれば「異物」となるのか、この能力のせいで「いじめ」をうけ、不登校になる場合があるようだ。

学校の先生ですら、扱いに困り、持て余してしまう。

本来頭がいいというのは、重宝されてしかるべきなのではないかと思う。

確かに扱いづらさはあるだろうが、「こういう特徴がある」と周りが理解さえできれば、「国の宝」となるのではないだろうか?

 

 

 ↓ この本の著者の「小幡和輝」さんも、小2で「マイナス」の概念を知っていたばかりにいじめを受けたそうだ。

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

 

 

 

 

アメリカでは「ギフテッド」の子どもたちだけを集めた学校がある。

「これはできなくても、こっちができるならいいよ。」という教育だそうだ。

何てうらやましい・・・

得意な事を認められ、それをどんどん伸ばされていく教育。

それが「日本」では、真ん中に寄せ集められて、そこからはみ出すと潰されてしまう。

「普通がいい」とされ、人と違うと「おまえはダメだ。」と言われる。

人と違うからこそ、新しい物が生み出せるはずなのに。

もう少し、デコボコしたバランスの悪い子たちに「寛容」な社会になって欲しい・・・

 

↑ こう書きながら、自分も我が子を「普通」に持って行こうとしている事に気が付いてしまった・・・

 

www.j-cast.com

 

恐らくトップ校の子どもたちの中に「ギフテッド」がたくさんいるんだろう。

生きづらさを減らすためには、校風の自由なトップの学校を狙うのがいいのかもしれない。

もう少し、息子に学力があれば・・・・

 

 

↓ これも読んでみた。「勉強法」とはいえ、相手は「ギフテッド」だ。

同じようにはいかない・・・と思った。

ザ・ギフティッド    14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo