「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。「中学受験するか否か?」という「高濱ゼミ」に参加してきた。

もう受験が終わってるくせに「中学受験ゼミ」に参加した。

今回のゼミは「花まる学習会」の高濱先生と、ゲストが矢萩邦彦さん。

 

「中学受験しますか?中学受験やめますか?」というお話だった。

 

大事なお話だらけだったので、とりあえず今回は一部のみで。

また、何回かに分けて書くつもりです。

 

ゲストの「矢萩邦彦さん」は知窓学舎の塾長でありながら、他にも多くの肩書きをもたれている多彩な方だった。

高濱先生と同じく、経験に基づくお話には説得力があり、納得いく事ばかり。

 

 

↓ ご本人がおっしゃるには「受験しようかな?」と迷うくらいなら、「もう1度立ち止まって考えてみてください。」という本らしい。

中学受験を考えたときに読む本

中学受験を考えたときに読む本

 

 迷っていらっしゃる方は是非。

 

 

今回は、忘れないうちに何点かを書き留めておきます。

●進路指導者で「教育以外の経験がある人」は3%しかいない。

 つまり、よく知らない世界なのに生徒を送り込む。

 

●中学受験する価値としては、6年生の伸びる時期に、算数と数学の間の勉強をやっておくと、地頭が鍛えられて後に繋がる。

 

●子どもが塾を嫌がった時、思い切って1ヶ月休ませてみる。

1ヶ月経ったら子どもは「やっぱり塾に行きたい」「やっぱり塾はやめて自分の好きな事がしたい」と結論が出せる。

 

●学校選びとしてはまず「トップ」を見る。

トップで学校は決まる。

 

●親が関わって、勉強好きにするのは難しい。

親が出来るのは、楽しんで勉強している姿を見せる事。

 

●夫婦で方針をすり合わせて、決意しておく。

6年生ともなると、父母の意見が違うと、そこを見抜かれて、子どもに悪影響を与える事になる。

 

すごく気になったのが、「塾業界が表に出したくない情報として、受験数4万人に対して、入学後、GWまでに学校を辞めた人が200人いるという事実。」

学校が合わないという事はある。

だから、入学前によく見ないといけない。

 

もう、「わかるわ~」・・・と思った。

それでも辞める訳には行かないので、何とが「ここを正解」にして生き残りたい!!

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo