「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。少しでもこれから受験する方の参考になりますように。講演会のお話も書きます。未熟な母です、「反面教師」で。

「中学受験」。中学受験しますか?やめますか?「高濱ゼミ」。③「先生が全員いいとは限らない」

いろんな大人と接する機会を増やす。

 

まず、基盤力は絶対必要

人は学びたい生き物だから、一生学び続ける。

勉強したいに決まっている。

そういう心を持ち続ける為には、

夢中になれる事を我が子にどれだけ体験させらるか。

 

例えば、うちの息子なら3~4歳のころはずっと「排水溝」と「コンセント」を探していた。

みつけると「あった~」と嬉しそうにしていた。

その後は、電車に夢中になり、自分で線路を組み立てては何時間も遊んでいた。

その次は虫捕りに始まる、生き物捕獲。

未だに続いている。

「釣り」に行くと言って朝5時くらいに家を出ても、帰ってくるのは夕方。

何時間でも没頭している。

電車の撮影もそう。

先生たちに「息子は勉強しないで生き物ばっかり捕ってます」と相談すると必ず「いいですね~」と言われる。

この集中力が大事だと、高濱先生がいつもおっしゃるので、我が子に関してはもう少し待ってみよう。

 

ゲストの「知窓学舎」塾長の矢萩邦彦さんは、

「なるべくたくさんの大人と接する機会を作ってあげてください。」とおっしゃった。

大人のバリエーションを増やす。

いろんな種類の大人を知っていると、この人はこんな事で喜んでくれる、この人はここに気を付けないと怒られる、この人がやってる事は面白そうだから自分もやってみよう・・・と社会に出た時に、「ああ、こんな大人いたいた」と思える。

社会に出た時に「怒られた・・・会社辞めよう」と心が折れてしまう事がなくなるかもしれない。

「いろんな人がいる」というのを知っておくことがいい。

 

「この大人おもしろいな」という人に何人出会えるか。

親はたくさん「おもしろい大人がいる場所」に連れて行けるよう、アンテナを張っておかねば。

その点、「スクールFC」は充実しているな~と思った。

生徒も先生も変わり者が多い。

あとは、「探究学舎の宝槻さん」(←高濱先生は10年前からきっと有名になると思っていたそうだ。)や、今回ゲストの「知窓学舎」の矢萩さんもすごく魅力的な方だった。(←高濱先生は矢萩さんも、「絶対有名になりますよ」とおっしゃっていた。)

近くにこんな「探究型」の塾があれば我が子を入れてみるのもいいかもしれない。

 

 

高濱先生は、「先生の周りは変わり者ばっかりですよね。」と言われるそうだ。

それに対して「僕は人のいい所をみるから。

ニュースや何かを見ても、肯定から入る家庭だった。

うちの母親がそういう母親でしたから。」とおっしゃった。

誰とも口をきいていないような人でも、何か優れた所があるとそこを褒めて認めるのだそう。

 

家庭環境って大きくて、

肯定から入る家と、否定から入る家では全然違う。

子どもと話す時、常に自分で意識しておかないといけないな・・・と思った。

高濱先生にはまた大事な事を教わった。

 

さて、学校選びなのだが、最近増えている「アクティブラーニング型」の授業。

説明会や体験会では、上手な先生が面白そうな授業を展開してくれるが、そこはよく見ておかないと失敗するらしい。

全員が全員、体験で見たような上手な授業をしてくれる訳ではないし、現実には新しいものに対して賛同していない先生もいたりする

それを見極めるには、やはり足しげく学校に通い、生徒に話を聞く

我が子が実際に教わる事になるであろう先生をよく見ておく。

先生全員が親が気に入るようなところはないだろうが、なるべく親が感じた

「いい先生」が多い(と感じた)学校を選ぶことが大事。

 

うちは第一志望の「芝」しかよく見ていなかったので、他の学校ももっとよく見ておけばよかった・・・と後悔している。

栄光学園」も大好きなので、何度も通ってみた。

「芝」も「栄光」もいい先生が多いと思う。

武藤校長先生が素晴らしい。

第一志望に合格するのが3割という現実がある中で、どれだけ学校を見られるかというのはすごく大事だと思う。

 

ちょうど、学園祭シーズンです。

生徒にどんどん話しかけて、学校の様子を聞いてください。

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo