「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。中学までは広範な知識を身につけ、基礎学力を培う勉強。

正直、東大に入って欲しい気持ちはある。

 

クイズ王の水上颯くん。

diamond.jp

 

受験に於いては、自分のレベルを見極める。

飛びぬけて優秀な物があっても、総合点が低ければ不合格となる。

全体的に正解率を高くしなければならない。

算数、数学は解き方をしっかり覚えて、その通りに解く。

 

東大生のほとんどは「全科目がそこそこ出来る人」

総合点を上げる事で勝ち抜いてきた人たち。

 

総合点を上げるには、「苦手を潰して行く。」

不得意科目を伸ばす方が伸びしろが大きい。

 

 

東大No.1頭脳が教える 頭を鍛える5つの習慣 (単行本)

東大No.1頭脳が教える 頭を鍛える5つの習慣 (単行本)

 

 

 

 

うちは、これが得意!!と言えるものはなかった・・・

比較的「国語」が得意だったが、時々大コケしていた。

「芝中」は算数で合否が分かれると言われていたので、とにかく「算数」に力を入れた。

理科、社会も、好きな単元は満点を取れるくらいの力があるが、興味がない物は全くダメだった。

過去問でも苦手単元を、ごっそり落としていてガッカリした・・・

そこは「個別」でお願いして、わかるまで教えてもらった。

社会も「公民」が怪しかった・・・

とにかく本人のやる気がないので、すきま時間、ボーッと電車を見たり、ぼんやりしていた。

あの通塾の時間を有効に使えれば、かなり暗記モノの知識が増えたと思う。

いろんな学校の説明会に行っても、ずっと塾の教科書を読んでいる子と息子ではその差は歴然。

このやる気のなさが全て「不合格」に繋がったんだと思う。

息子は「中学受験」をするにはあまりにも幼かったな。

 

 

 ↓ 帯に「高濱先生も納得」と書かれていて、「私は緩衝材だ」と高濱先生がおっしゃっていた。

 

高濱先生が「東大に行く子は、やらなければならない事を、何のストレスもなく、当たり前の事として出来る子。」とおっしゃっていた。

うちは絶対違う・・・と思った。

今日、北大卒の方に聞いたら、うちのような「生き物好き」は帯広畜産大かも?と言われた。

その前に、中高と生き残らねば・・・・

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo