「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを書いています。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「高濱ナイト」に行ってきた。今、成功している大人たちって?(Ⅱ)

成功の秘訣は「けもの道」?

 

不確かな世の中で今成功している人たちは、何が違うのだろう?

 

 

f:id:mikan-iro:20190915130540j:plain

 

 

 

みんな「開拓者」。

0から1を作り出した人たち。

これからは「真面目に舗装された道を行くのではなく、けもの道を探し当てて、自ら開拓する。」

 

みんなこうやってるけど、自分はそう思わないんだよね~。

自分が食えればそれでいいでしょ。

 

とやってきた人たち。

 

 

↓ 宝槻さんのオススメの本。

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

 

 

これからは「ニュータイプ」の時代?

宝槻さんが例に出したのは、近藤麻理恵さん(片付けとは「かたをつける」事だった)、地球少年(昆虫食を謳っている)、プラレーラー。(←こんな職業聞いた事なかった)

 

 

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

 


yshinoearth.hateblo.jp

www.youtube.com

 

既存の問題の解決策を当てはめるのではなく、問題から探す。

人は何に困っている?

何をすれば喜ぶ?

人間の枯渇に対して、問題解決をはかる。

 

必需品はお金になるが、これからはエモーショナルな物の市場が広がっていく

人の心を揺り動かす人たちが、「ニュータイプ」としてどんどん活躍して行く。

 

とはいえ、「高濱ナイト」に来る人たちは、東大、京大、早稲田慶応じゃないか?

基盤としての学力、知識は必要で、その上にくる「人としての能力、魅力=人間力」を鍛える。

基盤があれば、メシは食える。

ただ上に来る「能力」の部分で突き進んで行くのが「けもの道」。

野球一本、サッカー一本、ゲームのみ等。

けもの道に親子でダイブするのは危険かもしれないが、そういう生き方もある。

高濱先生がおっしゃるには、

「中途半端な好き」は無職の可能性がある。

無職って・・・・

 

「クレイジーなくらい好き!」で自分でフィールドを構築できると、道は拓けるかもしれない。

例えば、「けもの道」にダイブする時、その後の事も考えておく。

スポーツだったら、スポーツの他の楽しみ方を開拓できるようにしておくなど。

解説ができるように学ぶ、教室を開けるように準備しておく等、次の事も考えておく。

まずは「オールドタイプ」(既存のもの)で成功した後、「ニュータイプ」で成功もあり。

 

人間は「好きな事」を人に伝えようとした時に「国語力」が付く。

大好き + 国語力 = 評論家として食える

 

閉じたオタクと開かれたオタクの違いは、人に興味があるかどうか?

他人に興味がある場合は、「人に教えたい!」が原動力となる。

「誰かにわかってもらいたい!」と心をシェアする経験が大事。

 

好きな物 + 人が好き = 開かれたオタク←メシが食える

 

分かりあえた、わかってもらえた・・・と安心して家族に報告できる場所を提供する。

 

 

先に好きな物を見つけて、そこから勉強を始めるのが理想。

 

 

「筋トレやれ!」って言われてやっても、いざ筋肉が付いた時、それをどう使えばいいのかわからなければ意味がない。

 

先にやりたい事を見つけるのが大事だ。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo