「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。模試の活用法。第一志望入試も考える。

「模試結果」が悪くても、これは本番ではない。

 

夏休み明け、そろそろ「志望校判定」の時期の模試。

去年息子も、「夏休み勉強したんじゃないの?」というような結果だった・・・

9月、10月、11月、12月の平均偏差値で、だいたいの志望校を決めて行く。

うちは明確に「行きたい学校!」があったので、その学校に合わせて偏差値を上げて行く事しか考えていなかった。

偏差値が足りなくても、まだ時間はあるし、「絶対に受験する」と決めていた。

行きたい学校に行けないなら、近所の公立もありえるかも・・・

ただ、3年間かけて、受験勉強した同じ内容をまたやるのはちょっと・・・

きっと学校が面白くないだろうな・・・と思っていたので、どこかしらの「私立」に行くだろうと思っていた。

 

edua.asahi.com

 

模試では、現地点での「弱点」がわかる。

塾でも「今わかってよかったじゃないですか。」と言われたのを覚えている。

教科によってはそれ所ではない点数だったのだが・・・

それでも、4教科トータルで見ると、12月にかけて偏差値は1ずつ上がっていた。

弱点を克服して行った結果かもしれない。

 

うちは、できなかった所を「個別」でわかるまで見てもらった。

「個別」では本番まで時間が短かったので、ほとんどを「過去問」に費やしたが、模試の結果を持参して、教室長に分析してもらい、普段の授業と、選べる「冬期講習」でフォローしてもらった。

ここからは「あっという間」。

12月のテストが終わると、「最終志望校決定」の塾での面談。

終わったら冬期講習と、年末年始特訓。

明けてすぐ、埼玉受験があり、千葉受験がある。

その前に千葉では「第一志望入試」もある。

もし落ちたとしても一般入試も受けられるので、志望校が「千葉」なら、受けておいた方がいいと思う。

 

 

↓ 第一志望千葉・男子

www.chu-jukennavi.net

 

 

↓ 第一志望千葉・女子

www.chu-jukennavi.net

 

 

 

そろそろ、インフルエンザも流行り出す・・・

10月以降になったら「インフルエンザ予防接種」は必須。

ただ、湿度に気を付けて、手洗いうがいを徹底すればかなり防げる。

うちは「予防接種している」にも関わらず、毎年「インフルエンザ」に掛かっていた・・・

しかもAB両方掛かった事もある。

 

まあ、1月、学校は始業式しか行かなかったが・・・

何しろ、今までにないくらい「インフルエンザ」が猛威を振るっていた。

学校の半分が学級閉鎖になっていた。

そんな恐ろしいところへ行かせる訳には行かない!

学校を休んだおかげで、塾でたっぷり自学ができた。

いろんな学校の過去問もこなせた。

それでも「本気」を出してはいなかったので、勉強時間だけは長い・・・というだけだったかもしれないな。

 

ただ、高濱先生は「1月からも学力は上がる」とおっしゃっていた。

いちばん伸びる時期なので、少し偏差値が足りなくても、受かる可能性はある。

学力は試験中にも伸びるので、埼玉受験を経験してグッと伸びる子もいる。

最後まで諦めず、チャレンジを。

 

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo