「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。人と話すと教わる事が多い。

同級生女子のママと話した。

 

よく会うけれど、なかなか話す機会のなかったママと話してみた。

娘さんが女子校のトップ校に通っていて、息子さんも男子校のトップ校に通っていらっしゃるお母さんだ。

のんびりした感じで、子どもを温かく見守り、子どもの意見を尊重する感じ。

私はというと、子どもに自分の意見を押し付けがちで、コントロールしようとする感じ

これが、「合格」する子と「不合格」になる子の親の違いか?とも思った。

子どもの性格にもよるのだろうが、私は「ああしろ」「こうしろ」と言い過ぎで、息子が自分で考える機会を奪ってきた気がしている。

 

 

ある日息子に言われた

 

「だって勝手にやったらお母さん怒んじゃん」 という言葉。

 

ハッとした。

この言葉が全てを表している。

 

 

「芝」や「栄光」に行きたかった話をした。

そのママが言うには、「受かるだろう」と言われて落ちた子を知っているとおっしゃっていた。

逆に、たまたま得意な問題が出て、ダメかも・・・という学校に受かったりする事もある。

「芝」の武藤校長がおっしゃっていた通り、

「受かった学校がご縁のある学校」というのは本当なのだな・・・と思った。

 

 

息子は毎日、楽しそうに学校に通っている

彼はどこでも楽しめるタイプなので、その点では心配していなかったが、勉強が・・・

まさかここまでやらないとは思わなかった。

学年トップの子を知っているが、学校で見かけたその子は、休み時間だけれど普通に勉強していた。

先生がおっしゃるには、その日の「わからなかった事」や「つまづいた事」を、そのままにせず、その日のうちに解決する子らしい。

どうすれば自然とそんな事が出来る子に育つんだろう?

「わからない」もやもやを放置できない子に育てないとダメだ。

高濱先生が親が「わからない事はすぐ調べる」という姿を、子どもが小さい頃から見せなさいとおっしゃっていたな。

疑問については、一緒に調べてきたつもりだったけれど、よく考えたら、「自分で調べて!」と言った来たかも・・・・

親子ともわからない事は一緒に調べたが、子どもだけがわからない事は、自分で調べさせてきたな~。

その「やらされ感」がダメだったのか?

 

うちはご縁がなく、行きたかった学校に行けなかったけど、今の学校に楽しそうに通う息子。

親としては、他にももっといい学校があったかもしれない・・・という思いが残っている。

もっと「面倒見のいい」、息子にあった学校があったかも・・・と思う事もある。

「第一志望合格」ありきで考え過ぎた私のミスなのだが、やはり、学校選びは難しい。

「ここに行く!」という思い込みで、他をよく見てこなかった。

自分の子どもがそこに通う姿を想像して、選んでもらいたい。

 

 

息子を知っている大人たちはだいたい「彼はやりたい事を見つけた時、きっとその為に勉強するだろう」と言う。

待つのも親の仕事だと言われた。

 

さて、「電車」と「生き物」がこれからの勉強にどう繋がるのか?

楽しみにしてみたい。

「まだ間に合う」と言われている今のうちに、何とか・・・

息子の心が勉強に向く日よ、早く来てくれ!

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo