「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。親も大変・・・内申点がなければ公立に行ったかも。

親も勉強。

 

うちは子どもが2年生の頃から、とりあえず、都立の中高一貫校だけは見てきた。

公立の授業料で、「高度な教育を受けられる」というのは魅力だった。

その地点では、受験するかなぁ?「花まる」で6年生まで行けばいいんじゃないのかなぁ?と考えていた。

 

「忘れ物」「失くし物」「提出物未提出」「落ち着きがない」「自由」他にもいろいろあるが、

「彼は公立中学で絶対内申点は取れないから、何としても私立に入れてください!いくら勉強ができてもたいした学校に入れませんよ。」と半ば脅迫じゃないの?という感じで言われた。

 

現実を知る先生たちからのありがたいアドバイスだった

現に、私立中学でさえ「ここまでの子は見た事がない。」と言われるくらいの逸材なので、公立ではどうなっていたか・・・

「知窓学舎」の矢萩邦彦さんも息子のような子は「公立の方が理解してくれる人に出会える確立が低い」とおっしゃった。

矢萩さんも、ランドセルを忘れて学校に行ってしまう様な子だったそうだ。

それでも「だんだん落ち着いて行きますよ。」とおっしゃってくださった。

 

昔は、公立中学に行ったら、どうせなら「日比谷」受けたい!なんて夢みたいなことを考えていた。

塾の先生がおっしゃるには「日比谷」だと、内申点満点を取ってくる子たちがごろごろ受験するそうで、息子がそんな子たちと勝負できる訳がない。

去年の秋ごろ、息子のあまりのやる気のなさに、心が折れそうになった私は

 

「受験やめて公立行ったらどうなりますか?」と聞いてみた。

 

「たいした高校行けませんよ。それでもいいですか?」と言われた。

じゃあ、「公立中学に行って、鉄道の高校は?」と聞くと、

「鉄道の高校に入ったら、将来その道しかなくなりますよね?」と言われた。

 

内申点」のお陰で、学力に見合った高校に行けない制度っておかしくない?

と思うが、現状がそうなので、諦めるしかない・・・

「先生に気に入られる子が、いい成績を取れる仕組み」って何?

自分の言う事をよく聞き、輪を乱さず従い、扱いやすい子が先生は大好きだ

小学校の時に、散々思い知らされているのでよくわかっている。

 

何がやりたいか決めるまで、選択肢は広い方がいい。

以前お話した事のある大学生のお子さんがいるママは、息子さんが大学で好きな道に進んだそうだが、それを考える時「これは違うな」「これはあんまり好きじゃないな」「これはやりたくないな」と、興味のない物を排除して行った結果、今の進路を見つけ出したそうで、自分に合った進路の見つけ方として、そういう方法もありなんだと教わった。

その選び方で入った大学で今、「学ぶのが楽しくて楽しくてしょうがない毎日」を送っているそうだ。

お母さんが「大当たりだった。」とおっしゃっていた。

 

 

とりあえず、今、悩んではいるが、うちは私立で正解だったと思う。

授業も楽しいらしい。

 

news.finance.yahoo.co.jp

 

↑ 最終的に受験で目指すのは「将来メシガ食える大人」なのだが、「親の視野の広さが子どもの将来を左右する」という記事。

 

今、私は、中学、高校がダメだった時の事も考えている。

現状だと、十分あり得るからだ。

通信教育もあるし、専門学校も見つけた。

さて、実際にそれが起こった時、私はうろたえずにいられるだろうか・・・・

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo