「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを綴ったブログです。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。男子あるある。根拠のない自信に満ち溢れている。

うちは「字の汚さ」も未だに直らない。

 

president.jp

 

我が家の最大の失敗は、親子ともに甘かった事。

2人とも「受かるだろう」と漠然と考えていた。

中学受験、そんなに甘いものじゃなかった。

一生に一回のチャレンジなのに、似た物親子は、緻密な計画が立てられなかった。

「だいたいこんな感じでいいんじゃないの?」で受験に臨み失敗。

「受かるだろう」と思っていただけに、衝撃が大きすぎて倒れそうだった。

そこから号泣したってもう遅い・・・

過去に戻って、「それじゃあダメだよ。」と教えてあげたい。

ただ、次の「大学受験」では、もう私は関係ない。

自分事として捉え、自分でがんばってもらおう。

講演会や先輩ママに聞くところによると、だいたいの子は中3くらいで落ち着いてしっかりしてくるらしい。

しかし、この前「スクールFC」で「そんなのは一般論ですよ。例外もいる。」と先生。

その「例外の生徒」が校舎から出てきて、先生の頭をポンポンして帰って行った。

中3だが、息子より強烈らしい。

さて、我が子は中3で落ち着くのだろうか?

 

 

さて、安浪京子さんの「男の子の伸ばし方」の記事だが、「立体図形が得意」というのは、レゴ、プラレール、ボール遊びで空間認知力が鍛えられたと書かれている。

高濱先生も、「空間認知」には外遊びが大事だとおっしゃっている。

まだ、小さいお子さんをお持ちの方は、外で思いっきり遊んでもらいたい。

 

 

↓ 高濱先生の「男の子の育て方」

お母さんのための「男の子」の育て方

お母さんのための「男の子」の育て方

 

 

 

そして「自分の実力を過大評価する」とも書かれている。

これは塾の先生もよくおっしゃっていた。

「根拠のない自信」

男子は「どうせ受かるっしょ。」と思いこんでいる。

そして1月の埼玉でエライ事になって、やっと本気で勉強を始めるというパターン。

ここから男子はやっと伸びる。

その点女子は現実的なので、「模試」の結果を見て、自分の実力を理解できていて、何が足りないかもわかり、こつこつ勉強できる子が多い気がする。

 

 

中学受験 男の子を伸ばす親の習慣

中学受験 男の子を伸ばす親の習慣

 
中学受験 女の子を伸ばす親の習慣

中学受験 女の子を伸ばす親の習慣

 

 

 

 

「字を丁寧に書く必要」についても書かれている。

実際、息子は「模試」に於いてこの字の汚さで点数を失っている。

「これが正解ならあと6点あったよ。」となっても、時間配分ができなかったのか、汚い字のままだった。

1点、2点で、合格不合格が分かれる「中学受験」では致命的だ。

 

 

↓ 田代先生の本にも「時間配分」について書かれている。

田代式 中学受験 国語の「神技」

田代式 中学受験 国語の「神技」

 

 

 

そして中学生になった今も、テストで丁寧さが足りず、点数を失っている。

担任の先生に「理解できているのに丁寧さがなく、汚い字で点数を失っていてもったいない。」と言われた。

「花まる」では、字の汚さはそのままだった・・・

「手の動きより頭の回転の方が早いから」という理由だったが、「学校では丁寧に!」と言われているので、この点、母たちは不満に思っていた。

今までそれ程注意されなかった字の汚さが、FCに入ってから「受験」と言う事になり、急に「もっと丁寧に」と言われてもできる訳ながない。

「字」の指導はもっと早いうちにして欲しかった・・・

これは親の仕事だったのかな?

何回言っても聞かなかった・・・

ただ同級生の男子も、結構字が汚い。

本人が自覚するしかないのかもしれない。

一体、息子は「テスト」で何点失ったら気が付くんだろう・・・・

 

edua.asahi.com

 

「歴史マンガ」もオススメ。

 

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

 

 

「日本の歴史マンガ」はうちも早々に買いこんでいたが、息子は全く興味を示さず、しばらくピッカピカのままだった。

ところがある日、「戦国武将」にハマりだし、読み始めた。

ただし「戦国時代」のあたりだけ。

興味を持つかどうかはその子次第だが、興味を持った瞬間に「手の届くところにある」という環境はいいと思う。

 

 

さて、もう秋になりました。

これからは子どもの「やる気」がでるような言葉がけをするよう意識していきましょう。

これがなかなか大変です・・・

「中学受験」は期間限定です。

そして一生に一回です。

がんばれ受験生。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo