「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを書いています。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。併願校を考える。私立中学はオススメ。

我が家の悩みの種だった「内申点」。

 

benesse.jp

 

息子が小さい頃は「中学受験」なんて考えてはいなかった。

息子を見て「ちょっと変わってるな~」(育てにくい・・・)と思ったので、なるべくたくさんの人と関われる場所に入れたかった。

 

「他の人たちに助けてもらって育てて行こう!」と思ったのだ。

そこで入れたのがテレビで見かけた「花まる学習会」

どんな子でも褒めてもらえる所がすごく気に入った。(いろんな場所で厄介者扱いされていたので・・・)

おまけに「野外体験」もあり、知らない子たちとたくさん触れ合える。

「野外」には、いつも「揉めて来い!」(そして母は休める)と思いながら送り出した。

あと大変な息子なので、「リーダーごめんね・・・」とも思っていた。

「花まる」は「スクールFC」と合わせて7年間、本当にありがたい場所だった。

 

「花まる」の中では「おもしろい!」と褒めてもらえるが、相変わらず外では「厄介者」だ。

特に小学校の女性教師からは目の敵にされた。

公立中学校に行って、また同じ目に遭いたくないな・・・・と思っていた。

先生の「好き嫌い」によって付けられる成績表にもうんざりしていた。

おまけに忘れ物、失くし物で、中学に行っても絶対「内申点」は望めない。

都立中高一貫校は「小学校の5~6年調査票」がいるし、倍率も高いので、いつの間にか「私立」を目指していた。

千代田区立九段中学に至っては4年生からの3年分の「調査票」がいる。

「面倒見のいい私立」に入れば、公立中学からの「高校受験」のための「塾代」より安いはず。

結局「私立中学」はお得だと思う。

 

知り合いの大学生の子どもがいるママに聞くと、息子さんは「真面目」で中学で内申点が取れるタイプだったそう。

「学校から1回も電話なんて掛かってきた事ないわよ~」と言われた・・・

うらやましい・・・

彼は、公立中学から「私立高校」への推薦を受けて、自分の学力より上の学校に入れたとおっしゃっていた。

お母さんは、「子どもが自分の学力より上の学校に入って授業について行けるか?」と心配していたそうだが、「真面目」なので、周りが自分より頭がいい環境にいると「自分もがんばろう!」となり、それこそ一生懸命勉強して、真ん中より上位に入る成績をキープできていたそう。

 

やはり「コツコツできる子」は強い!

 

その彼は「中学から私立に入ればよかった~」と言っていた。

先生も、設備も、友達も、全てに於いて私立が勝っていると感じたようだ。

これはあくまでも彼個人の意見で、みんながそうとは限らないが。

現に「中学受験」して入った学校を都心ではGWまでに200人辞めているという話も聞く。

ここに学校選びの難しさを感じる。

 

このように、私立に行くにしても、公立高校に行くにしても中学の「内申点」はすごく大事だ。

上記の記事の中に、

「自分の希望より下の学校に入って「内申点」を狙うと、高校受験で起死回生のチャンスがあるかも」書かれている。

 

それも1つの選択肢だと思うが、それで「学校生活」楽しいかな?とは考える。

 

 

公立中学では、学校や先生にによって「内申点」も変わってくるし、やはり「私立」をオススメしたいと思う。

私はこの「内申点」制度にも納得がいっていないが、公立中学で「内申点」が取れなくても、学力で「私立」高校受験はできる。

ただ、中高一貫校の「高校募集停止」が増えてきている・・・

 

dot.asahi.com

 

「どう考えるか」は親次第なのだろう。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo