「中学受験」って大変。

「中学受験」第一志望を逃して落ち込むも、立ち直る。個人的な勝手な思いを書いています。参考程度にしてください。講演会のお話も書きます。

「中学受験」。こつこつできる女子はやっぱりうらやましい。

息子にコツコツが欲しい・・・

 

president.jp

 

「勉強は机に向かう事ではない」

 

机に向かっているからと言って勉強しているとは限らない。

息子はそれこそ5年生からの2年間、塾の自学室が開いている日は全ての時間塾にいました。

家でやる訳もないので、ずっと塾にいるようにしました。

「家でできない子は自学室に入れてください」と言われてましたから。

 

家にいると、おもちゃに手を伸ばしたり、マンガを読んだり、すぐ横になり寝てしまったり、一切集中できません。

今読まなくても・・・という本を読んだりもしていました。

 

が、「塾に行ってるから安心」ではなかったです。

息子が5年生のころの先輩6年生は、それはもうがんばって勉強していました。

来年はこんな感じになるんだ・・・・と夢見てました。

 

 

↓ これからの時代は必須の「プログラミング」。

マンガでわかる! 10才までに遊んできたえるプログラミング脳

マンガでわかる! 10才までに遊んできたえるプログラミング脳

 

 

 

6年生になっても、1年前に見ていた「がんばっている6年生」のようにはなっていませんでした。

学年全体が前年の6年生とは違っていました。

まあ、いちばん上のシグマクラスは別でしたが。

その年によって、子どもたちの雰囲気って全然違います。

 

恐らく他塾で繰り広げられていた「人を蹴落としてでも自分が!」というのが全くないのはいいのですが、のんびりし過ぎている。

うちのように「親に言われて嫌々来ている子」が溢れていて、ダラけた雰囲気が漂っている・・・

「自学室にもっと怖い先生を置いてください!」とお願いしましたが、人出が足りず、放置状態でした。

その前の年には「怖い怖い先生がいてくれたのに何で今年はいないの・・・」と思いました。

「あ~、先輩6年生の時にはあの先生がいたからみんながんばれたんだ・・・」と気が付きました。

偶然、駅でその怖い先生に会った時「あと1年戻ってきてください!!」と懇願しましたが却下されました。

先生の存在って大きいんだな・・・と思います。

怖い先生は欲しい!!

 

息子は長時間塾にはいましたが、結局、「いるだけ」でしたし、「塾」にいる事によって本人は「やった気」になるという悪循環でした。

こういう所も私は見落としていました。

やる気はないし、質問にも行かないし、課題もやってないし・・・

先生が声掛けしてくださっているのは見ましたが、怖くないし、強くは言われないので、息子は従いませんでした。

「これでほんとに大丈夫なの?」と不安を持ちながらも、対策を講じませんでした。

不安に思ったときに早く動けばよかった・・・

 

やっと秋になって「個別」を足しただけです。

大好きな場所なので「塾」を信じ切っていました。

いい塾で、幸せな受験を掲げていていいのですが、私たちの目標は「第一志望合格」だったので、もっと早く手を打てばよかったな・・・と思います。

先生たちは「みんな合格させてあげたい」と思ってくださっていますが、やはり「合格だけが全てじゃない」という考えもあり、何としても!!という感じではないのかな?と思います。

第一志望に落ちたけど、まだ大好きな塾で、大好きな先生たちがたくさんいます。

未だに、何かと相談しに行きます。

息子がいくつになっても迎え入れてくれる場所だな・・・と思います。

 

今の6年生のママも、近所の塾で不安になり、個別を足していました。

新しい居場所を見つけて、子どもがやる気を出したそうです。

当たり外れはあるだろうけど、やはり個別はオススメです。

 

 

↓ 中学生編。

www.suika.tokyo